ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 4枚組コレクターズ・エディション(特製ブックレット付) (初回生産限定) [Blu-ray]

監督 : アン・リー 
出演 : スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  アディル・フセイン  タブー  レイフ・スポール 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年6月5日発売)
3.98
  • (16)
  • (17)
  • (11)
  • (3)
  • (0)
  • 本棚登録 :104
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142951922

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 動物園を経営していた家族と共にカナダに移住するはずだったインド人の少年パイは、船が難破してしまったために、よりにもよって太平洋のど真ん中をトラと共に227日も漂流することになる。

    予告編でアピールされている映像美が堪能できるのは物語の後半からで、前半は主人公パイの生い立ちや漂流に至るまでの経緯を詳細に追いかけます。
    観ている間は「時間配分間違えてないかしら?」とも思ったのですが、終盤で頭を殴られるような衝撃と共に、この構成にはすべて意味があったのだと気づかされます。

    この作品は、パイが太平洋で漂流している227日間、そして成長した彼が語る「もう一つのストーリー」を通じて、人間が過酷な環境を生き抜くためにはファンタジーが必要であることを説くと同時に、「真実」と「ファンタジー」の境界はどこにあるのか?という問いかけもしています。

    主人公パイが、孤独な漂流期間を生き抜く間、その精神が壊れないようにするにはファンタジーを支えにするしかなかった。その点は誰も否定しえない点だと思います。
    そして、作品中で聞き手として登場する小説家も、パイに2つの「あり得るストーリー」を示された時、よりファンタジックなストーリーを「真実」として選びます。薄々、「事実」はもう一つの方ではないかと感じながら。恐らく、我々観客の多くも小説家と同じ選択をしている(もしくはしたがる)のです。

    このような「真実の選択」は、何もこの作品の解釈に限ったことではなく、常に人は「真実の選択」言い換えてしまえば「ファンタジーの創造」をしながら生きているのだと思います。でも繰り返すようですが、この映画は、その人間の行為を否定している訳ではなく、人間が生きる上で必要なことだと優しくとらえています。
    その意味では「宗教」こそが究極のファンタジーであり真実であり、だからパイはすべての宗教を否定せず受け入れているのかなぁと感じました。

    こんなに尾を引く映画は久々かもしれません。形而上学的なことを深く考えるのが好きな人、作品中に落ちている宗教モチーフを発見することに情熱を見いだせる人には熱烈にオススメします。

  • 「ライフ・オブパイ」
    (No.13-8) 映画館で鑑賞。

    これは是非3D・吹き替えで見るべきだとのネット情報でしたが、私は2D・字幕で見ました。
    映画館の都合なんですが、でも結果的にはそれが良かったです。
    私は乗り物に酔いやすい体質。2Dでさえ、これはまずいと目をつむったりぼんやりと見たりしていた場面がけっこうあったの。3Dだったら完全に酔ってたと思うわ。

    私は「乗っていた船が難破して、トラと一緒に救命ボートに乗り漂流した少年が助かる!というアドベンチャーアクション映画」ではないということを知った上で見ました。
    映画を見るのになるべく知識を入れたくない人もいるでしょうが、この映画に関してはそこは押えておいた方が良いでしょう。

    神、暴力、善、悪、生などいろいろなことが、あまりはっきりしない形でじわ~っと語られます。
    最初から大人の主人公が出てくるので、彼は助かったのだと分かった上で話が進みました。

    両親が子供に良かれと思ってつけた名前は、他の子供にとっては変でからかいの対象に。それにどう対処したかで、意志の強さや努力する子なんだなということが分かります。
    宗教に対する興味と、のめりこんでいく姿勢がまた一途。冗長に思える描き方ですが、そういう描写が彼を浮かび上がらせます。

    難破してからの情景は厳しい中で大変美しい。

    そして時々、あれっ?と引っかかる場面があちこちに。
    幻想的なシーンもたくさん。

    引っかかるどころではなく、これはいったい???という島の話。

    ラスト近くになって、あの引っかかったところはそういうことだったのか!そうだと考えていいのか?と一気に頭の中がぐるぐるしてしまいました。島も・・・そうか。
    もっとよく考えてみたい、できれば見直したいと・・・。

    考えて、考えて、やっぱりそうだよねと思ったとき、ではもっと前のヤギの時は?あの時からなの?だってあれもかなり引っかかったよ。あの時、えっ?って思ったもの。じゃあ、そもそも・・・。

    きっと映画を見た人は自分なりに物語を作ればいいのだと監督は言うでしょう。そういう話だと私は思います。

    見終わったとき、感動で席を立てないとか涙があふれてとか、全くなかったのに頭から映画のことが離れない。
    こんなに後を引く映画は、私は最近見たことがありませんでした。

    見て良かったなとしみじみ思います。

    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「これは是非3D・吹き替えで見るべきだとの」
      DVDになって、しかも旧作になったら借りようかな。くらいのレベルでの認識だったのですが、、、
      長~いレビューから、チョッと気持ちが、、、時間作って3D吹替えを観に行こうかな?
      2013/02/07
    • tokiwahimeさん
      2Dでも大変美しい映像で、大きな画面で見て良かったと思いますよ。もし乗り物酔いに強い方でしたら3Dで!
      2013/02/07
    • 猫丸(nyancomaru)さん
      「もし乗り物酔いに強い方でしたら3Dで!」
      残念ながら観に行けず。
      DVDorBlu-rayを借りても3Dじゃないからなぁ、、、
      2013/03/21
  • 機内放送で見ました。
    私は好きだな、この映画。
    ただ漂流の様子がリアル、かつ動物好きには痛恨の描写もあり「ちょっと重暗いテーマ」を想定して見ないと予想外にしんどい。
    映画よりドキュメンタリー寄り。

    主人公のパイがあらゆる宗教に精通した(手を出した)人で、とても珍しい人物像。
    映像美が素晴らしい。黒人男性って自然の中で映える。3Dで見たら、より美しいだろうか。映画館でも見てみたい。

  • 想像とまったく違う映画でした。
    TVで見かけていた美しい非現実的な映像から、トラと絆が芽生えて冒険する、みたいな、美しいファンタジーなのかと思っていました。

    ところが実際は残酷すぎるぐらい極めて現実的なストーリー。
    しかも、全く異なるように見える2つのストーリーの相互の関係性が意味するもの、食人や宗教…とても深い。まさかこんな映画だったとは驚きました。

    人を選ぶと思いますが私はとても面白い映画だったと思います。
    残酷なシーンもありますが、冒頭の動物園の色鮮やかな様々な動物たちのシーンや、鏡のように朝やけの空を映した海の中を漂う幻想的なシーン、無数の星のように発光するクラゲの漂う海にクジラが光を帯びてジャンプするシーン、トビウオの群れのシーンなど、本当に印象的で美しい映像に見とれてしまいました。

    この映画で一番気になるのは「パイの語った物語のどちらが真実なのか?」という点。
    わたしも映画中で作家が答えるのと同じく「トラの出てくる方がいい話」だと思い、そちらが真実であってほしいと思います。
    ですが、作家も船会社の日本人たちも信じられないと言いながらも結局は「トラの話」を選択するのは、後者の話が現実だと知りながらも受け入れられないからで、そう思えば思うほど、後者の話の方が真実なのだと思えてしまいます。
    さらに後者の話を知ってから見ると、実際は人間と漂流した話をパイが人を動物に置き換えて語っている(トラはパイ自身を投影)のだという解釈の方が圧倒的に正しいと見えてきてしまいます。
    特に、ハイエナがオランウータンを殺した時に突然トラが姿を現すシーン、自分が生きるために魚を殺してパイが謝りながら泣くシーン、そもそも凶暴で危険なトラと共存する道を選択した意味等。

    トラの話で、パイは苦難を共にしたトラが自分を見向きもしないで去っていったと号泣していますが、ジャングルを見つめていたトラの目には実は最後はボートの上のパイの姿が映っていたというラストシーンも印象的でした。

  • パイが漂流しているシーンが素晴らしくキレイ。CGだけでも一見の価値があります。映画館で3Dで見たかった作品。
    ラストに明かされる事実が衝撃的で物語を引き締めるスパイスになっていました。

  • とにかくCGが凄く綺麗。
    リチャードパーカー/ミーアキャット可愛い٩(♡ε♡ )۶
    奥の深い映画.

    色んな意見あるけど映像美だけでも見る価値あると思う。

  • 思ってた映画と違った(笑)
    漂流中の虎との友情・コミュニケーションものかと思ってた。
    実は虎はファンタジーで、漂流中の過酷な現実から逃げるため生み出された産物。
    不思議な島も体験も全て少年の空想だった。(しかし、その映像が本当に美しい)
    真実は、漂流中、足が傷ついた船員を殺し、食べた船員。
    その野蛮な船員に立ち向かった母も殺され、少年が船員を殺し漂流していたところを助けられた。
    あまりに過酷な現実をファンタジーにしてしまってもいいのではないかという大人になった少年の主張に、
    話を聞いた記者(だったかな?)も同意する。
    全部嘘でしたという話は数あれど、こんな宗教チックな嘘話(過酷な現実にはファンタジーも必要)も珍しいな。
    でも悪くはなかった。

  • 機内の小さい画面で見てしまったのがもったいない!!

    最後の島さえなければ好きでした
    特におじさん

  • 予告を見たときは映像美がウリの大衆向け映画かと思っていたら、すごく深く完成された映画でした。ラストシーンではぐーっと心臓の奥に沈み込んでくるような感動。すごく良かったです。

  • 「映画を観た!」という感じ。二度、三度観たくなる。

全20件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 4枚組コレクターズ・エディション(特製ブックレット付) (初回生産限定) [Blu-ray]に関連する談話室の質問

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 4枚組コレクターズ・エディション(特製ブックレット付) (初回生産限定) [Blu-ray]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする