ゾンビ革命-フアン・オブ・ザ・デッド- [DVD]

監督 : アレハンドロ・ブルゲス 
出演 : アレクシス・ディアス・デ・ビジェガス  ホルヘ・モリナ  アレンドレア・ドゥーロ 
  • ファインフィルムズ (2013年3月1日発売)
3.88
  • (4)
  • (15)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4527907130310

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • キューバらしさを生かしたゾンビ映画は斬新。キューバといえばチェ・ゲバラと葉巻ぐらいしか知らないけれど、彼らのたくましさがよくわかる。修羅場をくぐってきた図太さや死生観はあっけらかんとしていて独特だ。
    監督が欧米のゾンビ映画が好きで、その上で自国の社会情勢にきっちり落としこんでいるところがいい。
    主人公の中年二人はけっしてかっこよくなく(タイトル通り『ショーン・オブ・ザ・デッド』を意識している)、わりと最後までダメっぽさを引きずっているけれど、ラストの演出がかっこよくて(ここの表現も『ショーン~』っぽい)なかなかの見所。
    フアンとラサロの男同志の友情とじゃれ合いもいい。オネェのチナ、血を見ると卒倒する大男プリモ、ラサロの息子で色男のブラディ・カリフォルニアと、周りのキャラもたってるし、ゾンビの殺し方も無駄にスタイリッシュだったりして面白い。
    これはゾンビ映画好きにお勧め。

  • キューバ産ゾンビ映画。

  • 参った! キューバでゾンビという、それだけの話題で封切られた映画かと思ったら、とんでもない。監督も達者だし、役者たちも実に達者ではないか。こんなにキューバって映画のレベルが高かったのかと脱帽しました。それにしても、ここまで自国をおちょくった映画が作れるというのはやっぱりカストロさんの偉さなんでしょうか。

  • おもしろかったです。オカマひどい!

  • 最高に面白い!!!

  • 鈍臭いヤツらのゾンビ退治祭り

  • キューバが舞台のコメディ系ゾンビもの

  • ホラーかコメディかジャンルに迷った。

    ショーン〜まではいかないが中々楽しめた。
    ゆるすぎる(笑)

  •  キューバでゾンビ発生! 無職のダメ中年のファンは仲間達とゾンビ処理業を始めるが。。。
     キューバ発のゾンビ映画。

     ダメ男がゾンビ騒動でハッスルするお約束的展開。基本はコメディながら、悲壮感も絶妙に漂っていていい。ゾンビ映画としてのクオリティは高く、キューバ映画はここまですごいのかと驚く。
     もちろんキューバという特殊な国ならではの笑いも盛りだくさん。主人公達がゾンビ騒動に対してあんまり衝撃がないのが面白い。キューバは色んな政変があったから、ゾンビもそれと同じようなもんだというスタンスがすごい。金儲けを企む奴が出る、一目散に海に逃げ出すなどは、実際のキューバの混乱時に起きることなのだ。
     ラストのかっこよさも光る。そりゃ、チェ・ゲバラのつくった国ですもの。

     キューバ発と侮るなかれな良作。
     

  • このパッケージはチェゲバラがモチーフになっているのね〜革命だけに!キャラクターに個性があって楽しめました。オカマ役の人が特に好き(笑)

全12件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする