小鳥を愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫) [Kindle]

著者 : 大倉崇裕
  • 講談社 (2012年11月15日発売)
3.86
  • (2)
  • (3)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :23
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (464ページ)

小鳥を愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 大倉崇裕を知ってからずっと読みたかった動物シリーズ。
    ミステリー好きであり、動物もわりと好きな僕としては、もう惹
    かれて当然の作品。もちろんKindleでシリーズ第一作目から。

    突然銃撃を受け、休養を余儀なくされた警視庁捜査一課の鬼警部
    補。復職こそ果たしたものの、配属された部署は容疑者のペット
    を保護する警視庁総務部総務課“動植物管理係”。そこでコンビ
    を組むことになった人間より動物をこよなく愛する新米女性巡査
    が只者では無くて・・・、という内容。4篇からなる連作短編集。

    いやぁ、面白い!
    タイトルこそ「小鳥」だが、それはジュウシマツの登場する冒頭
    作品のみ。後はヘビ・巨大カメ・フクロウと、ペットにするには
    あまりに特殊な動物ばかり。そういう特殊ペットの生態や飼育の
    仕方がなんとなく解るばかりか、それらがしっかりミステリーの
    ネタになっているのが凄い。

    そして捜査一課でコテコテの殺人事件ばかりを担当していた鬼警
    部補と、みなし公務員のような状態で採用された動物のエキスパ
    ートである女性巡査との掛け合いが軽妙で、まるで漫才を見てい
    るかのよう。

    「本格」と「コミカル」、そして「動物」が同居する、というあ
    る種とんでもないスタイルだが、そこに無理は全く無い。このま
    まシリーズ2作目にチャレンジするぞ!・・・とか思ったのだが(^^;)。

    なんと2作目はまだKindle化されてねぇ、という事実が(^^;)。
    3作目は既にKindleになってるのに・・・。なんでだ???

  • 動物絡みの事件簿。短編で軽快に読めます。
    ドラマ化しやすそうなキャラ設定も安心感がある。

全3件中 1 - 3件を表示

小鳥を愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)のその他の作品

小鳥を愛した容疑者 単行本(ソフトカバー) 小鳥を愛した容疑者 大倉崇裕

大倉崇裕の作品

小鳥を愛した容疑者 警視庁いきもの係 (講談社文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする