オードリー・ヘップバーンという生き方 (新人物文庫) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 中経出版
3.33
  • (1)
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :12
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (222ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • "仕事でも仕事でなくても、いま自分がしていることが大切なことなのだと思えるか思えないか、それは人生の幸福の指針のひとつだろう。「自分がしていることも大切なのだとわかっていますから、私は幸せです」。
    幸せは相対的なものではなく絶対的なもの。その人が感じるもの。自分がしていることが意義あることなのだと感じることができるか否か。"
    "オードリーのユニセフ親善大使としての活動には、強い使命感があった。「使命感」とは人生において、真に生きるためには、絶対的に必要なもの、だから人はそれを求めてさまよう。"

    使命感を持って生きている人は、ただひたすらに美しい。
    目の前のことに120%を注いでいれば、自分の使命とはいったい何か、何を成すために生まれてきたのか、が見えてくるものだろうか。
    誰もが初めから自分の使命を知って進んでいるわけではないはず。
    自分の使命がわからない、わからないことを嘆くだけの人になりたくない。

全2件中 1 - 2件を表示

オードリー・ヘップバーンという生き方 (新人物文庫)のその他の作品

山口路子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

オードリー・ヘップバーンという生き方 (新人物文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする