エンド・オブ・ザ・ワールド 地球最後の日、恋に落ちる [DVD]

監督 : ナチョ・ビガロンド 
出演 : ミシェル・ジェナー  カルロス・アレセス  ジュリアン・ヴィラグラン 
  • 東宝 (2013年3月22日発売)
2.69
  • (1)
  • (1)
  • (8)
  • (4)
  • (2)
  • 本棚登録 :35
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988104075635

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ネヴィル・シュート原作の同名映画『渚にて』のリメイク、ラッセル・マルケイ監督の『エンド・オブ・ザ・ワールド』と間違えて買って気づかずに見終わってしまった。
    こっちはちゃんと『地球最後の日、恋に落ちる』と副題がついていた!紛らわしいのでみなさんお間違えなく!

    ある朝主人公、フリオが見知らぬ女性のベッドで目覚めた。
    昨晩の記憶は何もない。
    しかも不思議なことは他にもある。
    外にはひとっこひとりなく、空には巨大UFOがあった。

    ここまではなんとなく『メッセージ』っぽいですが(内容よく知りません)その後でてくるキャラクターは、「女性の恋人」と「女性に恋い焦がれる隣人」。...修羅場ですね~。
    その修羅場を回避するためにキャラクターたちは嘘に嘘を重ね...というおはなし。

    正直よく分かんなかったです。
    つまり単純なラブコメではなく、SFのようなサスペンスのような純愛もののような不思議な雰囲気でした。

    話がどう転がっていくか想像がつかなかったので、飽きずに最後まで観れました。

    女優さんがスタイル抜群でセクシー。

    隣人の気持ち悪さはリアルっぽかった。

    監督はアカデミー賞ノミネートの経歴を持つナチョ・ビガロンド。

  • よくわからない映画でした。女優さんはきれいだった。

  • ラストが、おい!

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする