週刊 東洋経済 2013年 1/12号 [雑誌]

  • 東洋経済新報社
3.42
  • (2)
  • (3)
  • (5)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :41
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 4910201320134

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • まあまあ役にたった。

    <内容メモ>
    ●市場予測
    小麦は飼料としてトウモロコシと代替関係にあり、天候問題がない限り、価格が連動して動く。現状、小麦が1ブッシェルあたり約1ドル高い状態で推移。
    ブッシェルは体積の単位(bu)だが、同じものは質量に換算できるので、質量で言われることが今日では多い。1ブッシェルは、 60 lb(ポンド) ≈ 27.215 kg

    ●メイカーズ
    アップルなど。2つの定義。
    企業の枠を超えたオープンイノベーション、国境を乗り越えるイーコマースなどウェブ(ビット)の世界で実現したものをリアルワールド(アトム)にも応用していく人々。
    小型3Dプリンタなどのデジタルツールを活用し、ものづくりをする人々。
    3Dプリンタで作ることで、イメージが作りやすくトントン拍子に話が進んだ例も。
    日本でのメイカーズ革命は日本の新たな運命を切り開く。ウェブを利用したオープンなものづくりが早く日本にも浸透してほしい。
    ビーサイズ 社長 八木さん
    優れたプロダクトを製造するために必要な知識分野を電子工学、機械工学、デザインと考え専攻。デザインはコンテスト応募等で独学した。
    ●ビジネス発想塾
    産業の構造
    アイの3段活用
    Imitation(模倣)
    improvement(改善)
    Innovation(創新)
    現在日本は3番目でもがいている。
    ●若者を殺すのは誰か? 著者にきく
    ・終身雇用が若者の未来を奪う
    公務員も、賃金を下げて、人を減らし、仕事が回らなくなったらそこが適正。国立大の先生も、給与が下がったりするのが嫌なら私学や海外にいけばよい。実力次第で売り込む。
    ・低賃金を嘆くより勉強して転職を選べ
    個人でできるデフレ対策は、勉強してより賃金の高いポストに転職すること。

  • クリス・アンダーソンのMAKERSやWiredのジャック・ドーシーの記事を読んだおさらいという感じで購入。しかし、3Dプリンタはほしいなぁ。
    ジャック・ドーシーの「ジャック・ドーシー「新しい技術により、人々に新しい体験をもたらす」の言葉にぐっときた。

  • われわれを取り巻く環境は大きく変わった。
    効率革命、検索革命、情報発信能力を向上させたソーシャル革命

    メーカーにとって中国の重要性は変わらない。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ロバート キヨサ...
有効な右矢印 無効な右矢印

週刊 東洋経済 2013年 1/12号 [雑誌]はこんな雑誌です

ツイートする