罪と罰(下) [Kindle]

制作 : 北垣信行 
  • グーテンベルク21
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (238ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 上巻、中巻を何とか読了し、読後に大きなカタルシスを得た、という友人の言葉に、徐々に疑いが強まってきた。
    とにかく暗い。時代背景もあろうが、この陰鬱な世界観に描かれるこのストーリーは、とにかく苦痛であった…。

    しかし上巻、中巻と、読み進めてくるにつれて物語のスピードもアップし、最初は理解しがたく苦痛であった当作品の訳も、私が慣れたのか訳者が慣れたのか気にならなくなってきた。
    ただ、主人公ラスコーリニコフの心情は、やはり最後まで理解できなかった。

    古い訳のため「気ちがい」という言葉が頻出し、ラスコーリニコフは病気なのかどうか、作者はこのラストでどうしたいのか、私には結局理解できずじまいであった。
    物語が難解なのではなく、時代、宗教等の文化が違うので、理解できなくて当たり前なのかも。
    でも、挑戦はしてみて損はないはず。

    訳は好みがわかれよう。
    いつか別の訳者で比較してみたい気はするが、このストーリーでこのボリュームだとなあ…。

全1件中 1 - 1件を表示

ドストエフスキーの作品

罪と罰(下)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

罪と罰(下)を本棚に登録しているひと

ツイートする