スカイ・クロラ (C★NOVELS BIBLIOTHEQUE) [Kindle]

著者 :
  • 中央公論新社
3.29
  • (1)
  • (6)
  • (8)
  • (1)
  • (1)
本棚登録 : 51
レビュー : 7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (320ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 映画が先で、押井監督の世界観に衝撃を受けたけど、森先生がヤバすぎたんだな…
    賛否両論かと思うけど、私は好きです。もし自分がキルドレだったら、と妄想しながら読むと、内面の繊細な描写をシンプルに凄いと感じる。あと、地味にドッグファイト描写がカッコいい。

  • 友達から借りて読んだ。
    キルドレの悲哀。
    不思議な世界。
    続きがあるのかな?気になる。

    森博嗣っていろんなもの書けるんだなぁ。。
    同じく森博嗣の『少し変わった子あります』を読み終わったのが4年前の今日(ちょうど!)だったらしく、びっくりした。

  • 私には合わない、何が面白いのかわからない。シリーズがあるらしいが。。。

  • いろんなことが明瞭なまま話が進むのではなく、なんだかよくわからない物語。
    私の好みとはちょっと違うカラーの小説。
    なのに、これが3度目の読了。
    なんでかわからないけれど、惹かれるシリーズです。

    『スカイ・クロラ』シリーズの1冊目。
    時系列で並べると、最後の物語になるのかな。
    だから、初めて読む時には話の流れはよくわからないはず。
    初読時には、どう感じたんだったかな…。
    意味がわからないなりにも、夢中で読んでたような気がします。

    語り部の名はカンナミ。
    キルドレと呼ばれる永遠に歳を取らない子供です。
    彼らキルドレは、戦闘機パイロット。
    戦いで死ぬときだけが人生の終わり。
    それまでの間は、昨日と同じ今日、今日と同じ明日を生き続けています。

    永遠の時を生きているのに、刹那的な雰囲気をまとっているような不思議な感じがします。
    彼らはみんな壊れやすいガラス細工のよう。
    透明でキラキラしているんだけど、すぐに粉々になっちゃいそうなくらい危うい。
    そのアンバランスなところが、惹かれる理由なのかな?

    戦闘機パイロットの物語だから、空を飛んでいるシーンがたくさんあります。
    その描写がまた心地いいんですね。

  • 不思議なテイストをもつ話である。
    近過去の日本という感じの世界で民間軍事会社が第2次世界大戦級の戦闘機で戦闘している。
    キルドレという思春期を過ぎてから成長が止まり、永遠に生き続ける主人公が出撃する日々が綴られている。
    キルドレがそのような存在か、民間軍事会社がどのような組織なのか、敵がなんなのか、そもそも国家がどんな状態になっているのかもまったく説明なく淡々と過ぎていく。
    不思議な世界だが、引き込まれて読んでしまう小説である。
    S&Mシリーズの森 博嗣が書いているのも不思議である。

  • ハードボイルドというか単調な会話が多く、言葉の裏の意味を読み取る必要がある作品のような気がした。テーマは戦争というより別のなにかだと思う。
    自分には少し難しかった。

  • 戦闘機パイロットである主人公の日常が淡々と描かれていた。ただ、独特な世界観の説明がほとんどない上に主人公たちの謎などわからないことだらけ。哲学的なセリフも多くてとてもわかりづらかった。
    シリーズを最後まで読むといろいろ明らかになるらしいが、そこまでついていけるか・・・。

全7件中 1 - 7件を表示

プロフィール

森 博嗣(もり ひろし)
1957年、愛知県生まれ。作家、元研究者。名古屋大学工学部建築学科、同大学大学院修士課程修了を経て、三重大学工学部助手、名古屋大学助教授。名古屋大学で工学博士を取得し、2005年退職。学会で数々の受賞歴がある。
作家として、1996年に『すべてがFになる』で第1回メフィスト賞を受賞し、同作で作家デビュー。S&Mシリーズとして代表作の一つに。『スカイ・クロラ』シリーズは本人も認める代表作で、2008年アニメ映画化された。その他にも非常に多くの著作がある。

スカイ・クロラ (C★NOVELS BIBLIOTHEQUE)のその他の作品

森博嗣の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
伊坂 幸太郎
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする