余白の愛 (中公文庫) [Kindle]

著者 :
  • 中央公論新社
4.11
  • (2)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (234ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんという手フェチ小説。
    主人公が何の準備もせずに受けて傷ついているところと、乗るバスを間違えて心細くなって仕事中の友人?に助けを求めるところがもどかしかった。
    弱っているなら仕方ない仕方ない。

  • 淡く,清らかな愛の物語.まったく想像していなかった結末に,最初は驚いたけど,この儚い物語にお似合いの結末かもしれない.僕には,この辺の機微は,ちょっと難しかったような.なんにせよ心洗われる素敵な一冊でした.

  •  夫が家を出て行った次の日から突発性難聴を患うことになる「わたし」の物語です。
     難聴が治ったと思った次の日、わたしはある雑誌の座談会に招かれます。その座談会は、いかに難聴を克服したかということをテーマに、患者さんの話を聞くというものでした。
     わたしはそこでYという速記者と出会います。
     わたしはすらすらと一文字も漏らさず速記するYの指に魅了されます。
     やがてわたしとYは再会し、個人的にわたしが喋ったことをYが速記していくという関係を持つことになります。しかし、Yが記載する特別な柔らかい速記用の用紙が無くなる時、わたしとYの関係は……。



     部屋の中をジャスミンの花で満たそうとする侯爵の話とか、魅力的なエピソードがかなりあります。
     ただ耳を患っているだけなのに、これだけ日常の世界を違ったものに見せる力量はさすがだと思います。夢の中の世界を切り取ったような不思議な感触のする作品です。
     後の「博士の愛した数式」に繋がるものがあるように思います。
     村上春樹などが好きな人にはかなり楽しめそうな気がします。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

小川 洋子(おがわ ようこ)
1962年、岡山県生まれ。高校時代に文芸を志し、早稲田大学第一文学部文芸専修入学。在学中から文芸賞に応募。卒業後一般企業に就職したが、1986年の結婚を機に退職、小説家の道に進む。
1991年『妊娠カレンダー』で芥川賞、2004年『博士の愛した数式』読売文学賞、本屋大賞、2006年『ミーナの行進』谷崎潤一郎賞、2012年『ことり』で芸術選奨文部科学大臣賞、2013年早稲田大学坪内逍遙大賞をそれぞれ受賞。芥川賞、太宰治賞、読売文学賞、河合隼雄物語賞などの選考委員を務める。
『博士の愛した数式』は映画化され、大ヒットとなった。受賞作以外の代表作として、『薬指の標本』『人質の朗読会』『猫を抱いて象と泳ぐ』。

余白の愛 (中公文庫)のその他の作品

余白の愛 単行本 余白の愛 小川洋子
余白の愛 (中公文庫) 文庫 余白の愛 (中公文庫) 小川洋子
余白の愛 (福武文庫) 文庫 余白の愛 (福武文庫) 小川洋子

小川洋子の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
小川 洋子
小川 洋子
小川 洋子
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする