精神科医が教える!潜在能力を引き出す25の心得 [Kindle]

著者 :
  • バレーフィールド
2.80
  • (1)
  • (0)
  • (6)
  • (2)
  • (1)
本棚登録 : 24
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (114ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読みやすく、さらっと読むことができました。
    気づき
    ・自分がやっていて本当に正しいと思えることを見つける
    ・情報発信し、アピールする事でチャンスは巡ってくる
    ・仕事を効率的にこなし、将来何になりたいかを考える時間を作る

    実践
    ・興味のあることをとことん行う
    ・一行日記をかく
    ・おもしろいと感じたことはメモを取り、インプットする

  • 好きなことに適正がある。適性があることが好き。好きだと思えることが好き。

  • 「自分に適正があることをやるべき」ということには同意。しかし、「好きなこと=適正がある」とは限らないと思う。

全4件中 1 - 4件を表示

著者プロフィール

精神科医、作家
1965年、札幌生まれ。1991年、札幌医科大学医学部卒。2004年からシカゴのイリノイ大学に3年間留学。帰国後、樺沢心理学研究所を設立。
メールマガジン「精神科医・樺沢紫苑 公式メルマガ」など15万部以上を配信している。その発行部数は国内でも屈指。
Facebookページの「いいね! 」数は14万を超え、個人では最大規模のFacebookページ運営者として知られている。Twitterフォロワーは約12万人。こうしたインターネット・メディアを駆使して、精神医学、心理学の知識や情報をわかりやすく発信している。
また、過去20年間の読書数は6000冊以上にものぼる。その脳科学的な裏付けのある「記憶に残る読書術」により得た知識や情報をSNS上での紹介や執筆活動を通じて広くアウトプットしている。
著書に『読んだら忘れない読書術』『ツイッターの超プロが教える Facebook仕事術』『SNSの超プロが教える ソーシャルメディア文章術』(サンマーク出版)などがある。

「2018年 『いい緊張は能力を2倍にする』 で使われていた紹介文から引用しています。」

樺沢紫苑の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする