真田太平記(六)家康東下(新潮文庫) [Kindle]

著者 :
  • 新潮社
3.80
  • (1)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (385ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 家康が会津攻めを開始すると三成も挙兵。関ヶ原の戦いが幕を開ける。

    東西に分かれて戦うことになる真田昌幸、幸村父子と、信幸が最後の杯を交わすシーンは泣ける。

    腹黒い家康も好きになれないけど、空気の読めない三成も残念すぎる。

    お色気シーンも飽きてきた女忍者お江も40過ぎ。
    最後まで出てくるんだと思うけど、大坂の陣のときにも濡れ場やっていたらどうしようと今から心配。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

1923年東京浅草生まれ。60年「錯乱」で直木賞受賞。77年「鬼兵犯科帳」「剣客商売」「仕掛人藤枝梅安」の三シリーズで吉川英治文学賞を受賞した。90年没。

真田太平記(六)家康東下(新潮文庫)のその他の作品

池波正太郎の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

真田太平記(六)家康東下(新潮文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする