限界集落(ギリギリ) 温泉第四巻 [Kindle]

著者 :
  • 鈴木みそ
4.07
  • (8)
  • (14)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :69
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (221ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高齢化と人口減少が進んで寂れた温泉地をオタクのアイディアで活性化していく話し。全4巻。オタク達をまとめ上げていく「ちょんまげ」が、潰れかけた温泉宿の再生を始める動機が今ひとつ薄弱なのと後半のストーリー展開が唐突なのが読んでいて気になったが、概ね面白かったです。
    そういえば、むかし「七人のおたく」って映画があったよね。

  • 限界集落にある廃業してしまった温泉宿。そこに、都会から逃れてきたゲームクリエイターが転がり込んでくるところから始まる、限界集落再興の物語。全4巻。

    売れないネットアイドルとか、そのファンのヲタクたちとか、都会にいたら負け犬な人たちだらけ。でも、その彼らをうまくノセて行動させれば、何かが起こるかも?何かが起こったら面白いな。ほぉ、そうきたかー!と、テンポよく読んでしまいました。

    KindleUnlimitedに全4巻すべてが揃っていたので、あっという間に読了。面白かった。

  • Kindleアンリミテッドにて。
    最終巻。
    いやあ面白かったなあ。
    コレも打ち切り的な終わりかたなのかな?
    最後がチョット急いで終わってしまった感じ。
    まさかの市長選にまで発展するとは思わなかったが、選挙のところをもうチョイじっくり描いてくれたら尚よかったのにな。
    コレも早すぎた作品だったのかもしれない。
    それでも鈴木みそ先生にはこういう作品をこれからも描いていって欲しいと思う。

  • なんとかまとまった感じですが、面白かった。

  • とても面白かった。この作品はオタク達がその技術力など駆使して、鄙びた温泉宿を立て直す逆転物語。結構ダイナミックに変革されていくから、読んでいてスカッとした。

  • エンディングに向かって話しが一気に加速する。思わず一気読みしてしまった。面白い。

全7件中 1 - 7件を表示

限界集落(ギリギリ) 温泉第四巻のその他の作品

鈴木みその作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
とよ田みのる
有効な右矢印 無効な右矢印

限界集落(ギリギリ) 温泉第四巻はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする