統計学が最強の学問である [Kindle]

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.69
  • (17)
  • (51)
  • (36)
  • (3)
  • (3)
本棚登録 : 414
レビュー : 37
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • パチンコで統計リテラシーを培った生物統計学使いの私ですが、この本を読んでさらに統計リテラシーが強化されました。いろんな流派の統計使いについて概説されてたのが良かったです。巨人の肩に立てるように頑張ります!

  • Kindle版にて読了。

    「統計」というと「データを解析して現状を把握する」営み、というイメージがありますが、著者に言わせればデータ解析は「具体的な行動に繋がる」ものでないと意味がない。
    例えば、ビジネスにわざわざ統計解析という手段を用いるのであれば、少なくとも以下の「3つの問い」に対して答えることができるものでなければならない、と言います。

    <strong>【問1】何かの要因が変化すれば利益は向上するのか?
    【問2】そうした変化を起こすような行動は実際に可能なのか?
    【問3】変化を起こす行動が可能だとしてそのコストは利益を上回るのか?</strong>

    逆に言えば、こうした問いに回答をもたらすことができる強力なツールとなり得るからこそ、統計学が「最強」だと言っているわけです。
    「どんな分野の議論においても、データを集めて分析することで最速で最善の答えを出すことができる」から「最強」なのだと。

    経験や想像に基づいて仮説を立てて喧々諤々議論するよりも、さっさとA/Bテストをやってみるほうがずっと早いし正しい答えを得ることができる。

    ところが、著者が「日本全体での統計リテラシー不足」を嘆くように、現実社会で統計学的な考え方が理解されることはなかなかに難しい。
    人はどうしても己の経験に基づく感覚論を優先しがち。
    先日も、WBCの壮行試合の中継をテレビで視ていたら、解説の桑田真澄氏が「調子のよいバッターだと(振ったかどうか)微妙なスイングをしてもストライクが取られないものなんですよね」などとコメントしていた。
    桑田氏のような聡明な人物をしてもこうなんですよね。
    このコメントに統計的な根拠は間違いなく無いだろうし、統計解析されればおそらく反証される可能性は高いと思う。
    或いは、先日ブログにも書き、本著の中でも触れられている「<a href="http://blog.goo.ne.jp/rainygreen/e/358f22a2146aa57495ed869ec503e3cb">平均への回帰</a>」も同様。

    昨今流行りのビッグデータへの信仰も然り。
    情報技術とハードウェア性能の向上により、膨大な全数データをコンピュータで解析して何がしかの答えを得ようというのがビッグデータの志向ですが、統計的な手法を用いればビッグデータを扱うような高価なハードに莫大な投資をせずとも殆ど精度の変わらない答えを得ることができると言います。
    莫大なデータを高速で処理すること自体に意味があるのではなく、解析結果からどれだけの価値を得られるかということこそ本質であるはずだ、と。

    回帰分析など統計学の理論については一通り簡単に紹介されています。
    これ一冊読んだからといって統計解析の手法を使いこなせるようになるわけではありませんが、考え方は理解できるので、専門書の図表にてよく「*」で表現されている「統計的に有意」の意味は分かるようになるし、単に感覚だけで書かれている与太話を見抜くことはできるようになるでしょう。

    著者は1981年生まれで東大医学部出身、大学では生物統計学を専攻して医者ではなく統計家になった、という経歴の持ち主のようです。
    読んでいて凄く頭のいい人なんだろうな、というのは伝わってきました。

  • 統計学の歴史、現在のビジネスにおける必要性など統計学の基本とその応用例について学べる本。

    こんなシチュエーションでは、この手法を使ったほうがいい、といったユースケースまで丁寧に書いている。

    歴史的な背景や、各専門家達の視点、その相違点などを挟んで説明するため読み進める上では楽しく読めるが、復習する際はポイントに絞って理解する必要はある。

  • kindleのセールで688円で購入。
    最初の二章は「統計学入門」と題されるような内容を少しやわらかい言葉で書いた感じ。統計学に触れたことのないワタシのような人間にも、なるほどと感じられて読みやすかった。ただ、中盤から後半にかけてはトーンが変わって、説明がくどく、最後は読者を突き放すような印象。たぶん著者はこの後半部分を書きたかったんだろうと思うが、それが通じる相手はワタシのような統計学素人ではない。対象とする読者設定にもう少し配慮があってもよかった。

  • ランダム化比較実験。

  •  統計学の歴史から実際の処理方法の簡単な紹介まで。あくまでも統計学を紹介する本であって本格的に活用するならちゃんとした教科書が必要だが、ある程度は統計処理の技術に踏み込んだ構成になっている。過去に読んだ同様な本に比べるとかなり突っ込んだ内容だ。

     文体が軽く、時には口述筆記かと思うほど口語体なので文章の格調には欠けるが、最近はこういう本が増えている気がする。ただ本書の場合、ちょっと気を抜くと難解になってしまう分野なので、このくらいがちょうどいいのかもしれない。

  • 中程、21章「統計学の理解が劇的に進む1枚の表」は、筆者のとっておきの発明といった趣だが、悲しいかな素人にとってはこの辺りから急激に難しくなる。こうなると、気楽に行き来のしにくい電子書籍は使いにくい。

    きちんと理解すれば間違いなく有益な知識が得られそうなので、再読して理解を深めたい本。

    (2017/2/17読了)

  • 【この商品は1冊単品版です。「最強の学問『統計学』」(週刊ダイヤモンド 特集BOOKS(Vol.11))(定価300円・税抜)とセットになったお得なサービスパック版(2冊で1400円/税抜)も販売しています。詳しくは『ダイヤモンド社 統計学』で検索ください】

    あえて断言しよう。あらゆる学問のなかで統計学が最強の学問であると。

    どんな権威やロジックも吹き飛ばして正解を導き出す統計学の影響は、現代社会で強まる一方である。

    「ビッグデータ」などの言葉が流行ることもそうした状況の現れだが、はたしてどれだけの人が、その本当の魅力とパワフルさを知っているだろうか。



    本書では最新の事例と研究結果をもとに、基礎知識を押さえたうえで統計学の主要6分野

    ◎社会調査法

    ◎疫学・生物統計学

    ◎心理統計学

    ◎データマイニング

    ◎テキストマイニング

    ◎計量経済学

    を横断的に解説するという、今までにない切り口で統計学の世界を案内する。



    ------



    統計学によって得られる最善の道を使えば、お金を儲けることも、自分の知性を磨くことも、健康になることもずいぶんと楽になるだろう。
    だがそれはあくまで副産物である。統計リテラシーによって手に入る最も大きな価値は、自分の人生を自分がいつでも最善にコントロールできるという幸福な実感なのだ。

    著者について
    1981年生まれ。東京大学医学部卒(生物統計学専攻)。東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野助教、大学病院医療情報ネットワーク研究センター副センター長、ダナファーバー/ハーバード がん研究センター客員研究員を経て、現在はデータに基いて社会にイノベーションを起こすための様々なプロジェクトにおいて調査、分析、システム開発および戦略立案をコンサルティングする。著書に『コトラーが教えてくれたこと』(ぱる出版)、『サラリーマンの悩みのほとんどにはすでに学問的な「答え」が出ている』(マイナビ新書)、『世界一やさしくわかる医療統計』(秀和システム)など

  • イマイチ。
    セミナーで紹介されてついつい購入。
    騙されたかも。

  • このデータ社会を生き抜くための武器となる統計学!そんな統計学の何たるかを教えてくれる一冊!!【中央館2F 350.1/NI 】

全37件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

1981年、兵庫県生まれ。統計家。東京大学大学院医学系研究科医療コミュニケーション学分野助教、大学病院医療情報ネットワーク研究センター副センター長、ダナファーバー/ハーバードがん研究センター客員研究員を経て、2014年11月に株式会社データビークル創業。自身のノウハウを活かしたデータ分析支援ツール「Data Diver」などの開発・販売と、官民のデータ活用プロジェクト支援に従事。著書に『統計学が最強の学問である』(ダイヤモンド社)、『1億人のための統計解析』(日経BP社)など。

「2017年 『ベストセラーコード』 で使われていた紹介文から引用しています。」

統計学が最強の学問であるのその他の作品

統計学が最強の学問である 単行本(ソフトカバー) 統計学が最強の学問である 西内啓

西内啓の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

統計学が最強の学問であるを本棚に登録しているひと

ツイートする