自由とは何か 「自己責任論」から「理由なき殺人」まで (講談社現代新書) [Kindle]

著者 : 佐伯啓思
  • 講談社 (2004年11月20日発売)
4.00
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :10
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (161ページ)

自由とは何か 「自己責任論」から「理由なき殺人」まで (講談社現代新書)の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 佐伯啓思のいけず講義。本当に大学の講義という雰囲気で、議論が行きつ戻りつ進んでいきます。サンデルの本と併せて読むのがおススメ。

  • ・自由を手段ではなく自己目的化してしまったことが問題ではないかとの指摘。
    ・積極的自由と消極的自由というのが興味深いのでバーリンも読みたい。
    ・相対主義ではなく多元主義が相互理解には重要かも。
    ・リベラリズムはプラットフォームかな。
    ・義について説明していたが、このような信念の選択もリベラリズムは想定している思うけどなぁ…

全2件中 1 - 2件を表示

自由とは何か 「自己責任論」から「理由なき殺人」まで (講談社現代新書)のその他の作品

佐伯啓思の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

自由とは何か 「自己責任論」から「理由なき殺人」まで (講談社現代新書)を本棚に登録しているひと

ツイートする