結婚しない プレミアムDVD-BOX

出演 : 菅野美穂  天海祐希  玉木宏 
  • Happinet(SB)(D) (2013年5月2日発売)
3.50
  • (4)
  • (3)
  • (9)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :31
  • レビュー :9
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953043237

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 久しぶりに引っ張り出して一気に観ました。「将来の不安に『いま』が、がんじがらめになって押しつぶされそうになることってあるよね。」

    あるなぁ、めっちゃあるなぁ。これは4年前のドラマなので当時よりはだいぶ千春(菅野美穂)に共感できる部分が増えてきて非常に面白かった。このままじゃいけないって分かってるしスキルアップしたい気持ちはあるんだけど、今の生活を投げる勇気もなくてそのまま年月重ねてくのって焦っちゃうし息詰まるし辛いよねーわかるよ千春!

  • 名言いっぱいだった♡
    花言葉覚えよう!!!

  •  30歳を過ぎて、「結婚しない」「結婚できない」人たちの物語。

     主人公は、千春。
     35歳だけど、彼氏なし、仕事も旅行会社の契約社員で何かやりがいを持てるものではまったくない。
     そうやって回りに流されるように生きてきて35年。
     妹が結婚して、実家に同居することになって、自分の居場所がなくなりつつあることを感じていた。
     そんな時に知り合ったのが、ガーデンデザイナーの春子、40歳。
     彼女は、世に言う一般的な結婚をせずに「仕事と結婚した」と言い、ガーデンデザイナーの仕事を精力的にこなしている。
     そんな春子とひょんなことから出会い、半ば強引に同居を取り付けた千春は、春子と一緒に生活をすることにする。
     千春は、春子に姉のように叱られながら様々なことを学び、また周囲に起こる変化からいろんなことを考え、迷う。
     そして自分がどうやって生きていくべきなのか、出した結論は……?

     という話でした。
     ……年齢が年齢なので、結婚の話が題材に使われてるから刺さる。
     って友達に愚痴ったら、「まだ早い!」って起こられました。
     最近の女性の初婚年齢の平均は29歳らしくて、「まだ半分くらいの人間が結婚してないんだから凹むのはまだ早い!」ということらしいです。

     ほ、ほう……。

     まあ、だから千春は30歳ではなく、35歳設定なんだろうなあ……と思いつつ。

     まあそれであれやこれやあって、結局はなんとなく丸く収まったんだが、収まってないんだか……のところに収まってました。

     えーっと、あんまり文句は言いたくないんですが、いろいろ気になったことが一つ。
     えーっと千春のスカートが35歳設定の割には短い。めちゃくちゃ短い。
     普通、35歳の女の人って接客で働いていたら、いっくらゆるい、とはいえ、いくらなんでもあのまんまの格好で接客はないと思うし、プライベートにしても生足にあれはあかんだろう……。
     いや、菅野美穂だったら許されるのかもしれないけど、35歳女子がミニスカートはあかんと思うんだ……見た目の問題じゃなくて、役柄の問題として。

     そんなしょうもないところが私服のシーンが出てくるたびに気になってしょうがなくて。
     時々、千春が35歳だってことを忘れます。

     まぁ、そんなどうでもいいような細かいことはどうでもいいとして。
     ここから先は物語の最終回の話なので、読みたくない人は読み飛ばしてくださいね。

     えーっと最終的には、春子が異動して店長になった先のお店のアルバイト店員の純平と千春はいい感じになるんですが、ええっとすみません。
     千春と付き合うようになってから、純平は元々目指していた絵の仕事をするために北海道に行くことを決める。
     先輩の紹介で、子供たちに絵を教えながら絵を描くんだそうです。
     で、その時、旅行会社の契約を打ち切られた千春は失業中。
     そんな折に、春子さんといい感じになって同居まで始めちゃった教授が婚姻届を持ってきて「僕たちには必要ないね」って言うんだけど。
     その後に春子さんが、それを千春と純平のカップルに見せて、「あなたたちにも必要ないわね」みたいなことを言ってて。
     春子さんの家を出た後に、純平と千春が会話するシーンがあって。
    「北海道にはいつ行くの?」みたいな会話をしてるのに、「じゃあね」で別れちゃう。
     おまけに、千春が「結婚しなくてもいいよね」的なことを言っていて。

     最後にはいつもの噴水で、春子が千春を待っていて、その婚姻届、髪飛行機にして飛ばしちゃうんですけど。

     いやいやちょっと待って!
     個人的には必ずしも結婚はしなくてもいいと思っているし、むしろ未婚の母でいいから子供がほしい! くらいのことは平気で考えている私ですが、別に結婚反対派っていうわけでもないので、結婚くらいすればいいじゃないか……と思ってしまう。
     というかむしろ、これから仕事探すんだったら、千春は北海道で仕事探せばいいんじゃね? とか思ってしまった。
     結婚するしないわ、そこから先の別の問題だと思うんですけど、とりあえず付き合い始めた恋人同士が、北海道と東京で遠距離恋愛してていいんですか?
     それはもう、結婚するしないの問題じゃなくて、付き合う付き合わないレベルの問題だと思うんですけど、何か間違ったこと言ってますか……?

     なんだかドラマのタイトルが「結婚しない」だから、無理やり「結婚しない」ってところに話のヲチをつけたようでものすごくもやもやするラストでした。
     仕事とか、自分を縛るものが何もなければ、ついていっちゃえばいいのにね……仕事なんて、どの道探さないといけないんだったらどこで探しても一緒のような気がするんですけどね……。
     まあ、確かに北海道の方が厳しいってのもわからないことはないけど、でも東京にいても千春の条件じゃ厳しいことには変わりはないんだからさあ……

     というもやもやで落ち着きました。
     別にタイトルでヲチつけなくてもいいと思うし、それで落とすんだったらもう千春と純平くっつけなくてもよかったのかもしれないなあ……と。
     千春に「結婚なんて関係ないよね」的なことを言われたときの純平の表情が微妙に何か言いたげだけど、優しくて結局何も言えなかったパターンのような気がしてしょうがない。
     あのヲチで終わらせるんだったら、もう少し純平自身が、結婚に後ろ向きな発言をしてるシーンを入れてあげないと、ただただ純平がかわいそうな人になってしまったような気がしました。

  • 結婚したい30代女性と、結婚をあきらめて1人で生きていくことを決めている40代女性。偶然知り合い一緒に暮らすことになり、ケンカしながら本音をぶつけあって生きて行く様子が描かれている。結婚適齢期の私にはなかなか考えさせられるストーリーだった。

  • このタイトルでどう着地するんだろうと思っていましたが、うーん。
    千春と春子さんの関係性が好き。

  • 菅野美穂さんがこのドラマの番宣をしている動画をたまたま、youtubeで観て、面白そうかなと思ってリスト登録しました。天海さんも好きな女優さんだし、テーマも面白そうなので今年中には観てみたいと思います。

  • 結婚について、自分の進む人生について色々考えさせられるドラマだった。

  • 天海祐希の無駄遣い。次こそは次こそは天海祐希が痛快に活躍してくれるはず!と思いながら何もなくおわった。世の独身女子に喧嘩売ってんのか!?菅野美穂は独身だけど、美しいから全然リアリティ感ない。玉木宏も無駄遣い。

  • 久しぶりにはまったドラマだった。

全9件中 1 - 9件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

結婚しない プレミアムDVD-BOXはこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする