俺たちサボテン・アミーゴ DVD

監督 : "マット・ピードモント 
出演 : ウィル・フェレル  ガエル・ガルシア・ベルナル  ディエゴ・ルナ 
  • 松竹 (2013年5月9日発売)
2.42
  • (0)
  • (1)
  • (4)
  • (6)
  • (1)
  • 本棚登録 :24
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105066359

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ニック・オファーマンが出てくるだけでクソ面白いのズルい。喋るセリフのひとつひとつが全部笑える。フェレルおじさんのスペイン語もたどたどしくて笑う。
    アギレラが歌うOP曲は最高なのに作品全体が追いついてない。

  • 「俺たち」でおなじみのウィル・フェレル主演のコメディ。
    なんとなく、「サボテン・ブラザーズ」のリメイク?と思ったりしたのですが
    全然違いましたね。
    つーか、なんか知らんけどスペイン語映画でした。

    舞台はメキシコのある貧乏農場で、
    そこでプラプラ暮らしているアホ長男がウィルの役どころ。
    そこにやり手ビジネスマンで成功している次男が
    綺麗な婚約者を連れて帰ってきたことでお父さん大喜び。

    が、この次男のビジネスが実は麻薬密売で、
    地元の麻薬王と対立。
    ウィルの方は、あろうことか次男の婚約者といい感じになってきて・・・という話。

    どうやら、この次男と麻薬王がメキシコ映画のスターらしいんですな。
    (ガエル・ガルシア・ベルナル & ディエゴ・ルナ)
    なんでも6歳で子役デビューして以来の友人らしいんだが。
    それでスぺイン語だったんだな。

    しかしなんだろう。
    メキシコ映画ファンにとっては
    「ジャッキー、ユンピョウ共演の香港映画が久々に公開されると思ったら、
     ナイナイ岡村主演のコメディ映画でした。」
    みたいな感じなんじゃないだろうかと、ちょっと気の毒に感じてしまったりして。

    いや、コメディとしてはそこそこ面白かったんだけどね。

  • なんだこれ?とりあえずB-。

  • 下衆の極み
    唯一面白かったのはお尻のみで何があったかを語るシーン

  • ウィル・フェレルのいつもの脱力コメディ。なぜか全編スペイン語。

    クソワロタ。背景は超手抜きの書割だしライオンはぬいぐるみじゃねーかwww

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする