その日まで 紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (203ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 小蔵屋を経営する杉浦草(そう)は、日課の散歩中にタケルという少年と出会う。何日も入浴してないような姿をするタケルに育児放棄を懸念する草だったが……。
    小蔵屋シリーズ第2弾。

    2015年6月27日読了。
    前巻の最後でに草にとっての聞き役である友人の由紀子が宮崎の息子夫婦の元に行ってしまったので、どうなるのかな?と思いながら読み始めたのですが、何事もなかったかのように、まだ草の近所に住んでいました(^^;;
    今回はある一家の因縁というか、ドロドロしたものが背景にあって、そこに草が振り回される展開。その上で、久実のほのかな恋が期待されるのですが、なんともすっきりしない結末でした。。。
    でも、前作もそうでしたし、これがこの作者の味なのかな?と思い始めています。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

吉永 南央(よしなが なお) 
1964年、埼玉県生まれの作家。群馬県立女子大学文学部美学美術史学科卒業。2004年、「紅雲町のお草」で第43回オール讀物推理小説新人賞を受賞。のちに同作は『萩を揺らす雨 紅雲町珈琲屋こよみ』と改題され、「紅雲町珈琲屋こよみ」シリーズとなった。2015年にはドラマ化されている。
その他著書に『誘う森』『蒼い翅』『キッズ・タクシー』がある。

その日まで 紅雲町珈琲屋こよみ (文春文庫)のその他の作品

吉永南央の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする