その夜の侍 [DVD]

監督 : 赤堀雅秋 
出演 : 堺雅人  山田孝之  綾野剛  谷村美月  高橋努 
  • キングレコード (2013年5月7日発売)
3.06
  • (22)
  • (48)
  • (110)
  • (43)
  • (17)
本棚登録 : 481
レビュー : 105
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988003817688

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ★ケンちゃ~ん!また隠れてプリン食べているんでしょ!★

    堺雅人が演ずる中村ケンちゃんは妻を轢き逃げされ
    妻の死を受け入れられず、弔い方もわからない、
    妻が残した留守電メッセージを5年も呪文のように聴く男。

    一方、ケンちゃんの妻を轢き逃げした木島(山田孝之)は
    人を撥ねた直後に
    ”あ、サバ味噌の匂いがする・・・どこかで今夜はサバ味噌だな”
    という状況判断に乏しい頭のおかしな男。

    この2人の男が5年後の大雨の中で対峙するが、
    こんばんは、と互いに挨拶を交わしてから取っ組み合う。

    おかしいのはこの2人だけでなく登場人物全員がズレズレ。

    案外、あたしも周りの知人達も一見、
    正常のような気がしているだけなのかもしれないと思った。

    ラスト、ケンちゃんがプリンを頭や顔に塗りたくり
    留守電を消去するシーンが印象的でした。

    山田孝之、もっと凶暴さがほしかったな。

  • 救いようのない人間性のひき逃げ犯を演じるのが、
    山田孝之さんがうまい!

    それに恐怖感もあって
    なんとなくくっついていってしまっている
    綾野剛さんも演技がうまい。

    この映画のテーマは
    なんでこんなこと(=反社会的な行動)やってるの?/したの?
    という問いに対する複数の
    「なんか、、、暇だから」
    という答えにある。

    「暇だから」とてつもなく「暇だから」
    恐喝するし、その共犯するし、売春もする。


    それってある意味、真実なんだろうなって思う。

    悪いことをしないのは道徳を守っているというよりもそんなことするほど暇じゃないから。

    そういう側面はこの世界のどこかに絶対にあると思った。


    そして、
    主人公のいう「話をする」「ただ日常の話をする」という行為が
    無辜の人々を犯罪加担から救うこともほんとうにあるのだろう、と思った。

  • 《演技の上手い役者ばかり集めると映画はこうなる》

    山田孝之が観たくて、たまたま見つけた映画。主演堺雅人と言うだけで期待が持てます。

    内容はともかく、演技が出来る俳優女優しか出ていないので、観てて飽きない。名演技が名演技を呼ぶ様なそんな掛け合いを感じる事が出来る。

    それもそのはず、こちらの映画の原作が舞台劇であり、その舞台劇の作者演出の方が映画の監督を務めているので、まるで舞台演劇を見ている様な感覚に陥るのだ。

    この映画は好き嫌いが分かれる映画だと思うが、圧巻の演技を見るだけでも一見の価値はあるのでは無いでしょうか?

  • 演技派の役者陣をそろえてて、それがすごく重くて怖かった。
    山田孝之好きだけど、この役はすごい怖い。
    絶対こんなヤツいるいる!と思えるそれだけリアルな感じが怖い。

    ただ、最後何?
    復讐はきちんとして欲しかったってのがね。
    それだけ山田が憎くなる。
    でも実際問題できないのもわかるんだけど物語だから・・・すっきりして欲しかったってのはある。
    結局弱い者は泣き寝入りなのかと・・・悲しくなった。

  • 妻をひき逃げされた
    (犯人は結局見つかり服役)主人公が
    出所してきた犯人につきまとい、
    食生活をチェック!

    最終的に嵐の中揉み合いになった後、
    「君は…何となく生きている…!」と伝え
    釈然としないまま犯人はカラオケへ、
    主人公は日常に戻る。

    と書くと身も蓋もないのですが、
    主人公が見ていない犯人の生活描写で
    犯人がもう本当にどうしようもなく、
    悪気がないとか根は良いなどの概念を越えて
    底が浅くティッシュペーパーのように人間性が薄く
    最終的に主人公が悟るように
    ただただ何となく生きている動物に近い男なのだと
    視聴者に分かるのです。

    だから主人公が犯人を殺すことを希望し
    仮にそれができたとしても、
    犯人は殺されることに恐怖はするけど
    何で殺されるのか説明されても理解できないだろう。

    犯人的には奥さんを轢いたのは事故だし服役もしたのに
    なんで復讐されなきゃいけないの的な感覚と推測
    =それして意味あるの?

    主人公が犯人を殺さなかった訳としては
    結局犯人の行動(とシミズ推測)が示唆するように
    殺す意味は全くない、と感じたからと思われ
    妻が戻ってこないしもういない、ことが実感を伴ったからと思う。
    留守電消してプリンを破壊してましたしね…ここ泣ける…。

    でもせめて犯人を半殺しくらいにはして欲しかったよね!

    泣けるといえば
    黄色いソファが欲しい警備員さんとトモロヲさん、
    後日談として結ばれて欲しいよね!

  • 「一人じゃないっていいですね。」
    警備員もおっさんもあのお友達?舎弟?もコガネムシだったんだね。
    危ないのに嫌なのに近寄ってく。

    しかし、山田孝之のクズっぷりすごい。似合うなー。すごいゲスい。
    堺雅人のじとーっとした汗まみれのあの感じ、初めて見ました。かっこよく見えないの。凄いね俳優って。(今きらきらしてる役が多いから)
    あと、個人的に安藤サクラ苦手なので、あの役が異常に腹立ったw

    最後、留守電を消してプリンをかぶる意味。
    「お前を殺して、俺は死ぬ」
    殺せなかったから死ぬことは止めたんだなって。
    妻から止められてたプリンを喰いまくる行為や喫煙は緩やかな自殺だったんだね。と解釈。

    この中で一番すごく感心したのは、木島(山田孝之)がタイタニックを借りに行かせるところ。
    リアルだと思った。居るんだよ。映画と言えばタイタニックという類の人。(いやタイタニックを否定してるんじゃなくて…)

  • 2012年。自分の中では裏アカデミー最優秀作品賞。
    (ちなみに表向きは北のカナリアたちでした。)

    ぐるりのことを観たときくらいの衝撃。
    いや、それとはちょっと違うな。

    シリアスなはずなのに、アルゴとは違う意味で笑えて、

    でもラストの堺雅人に激しく感動。

    人が立ち上がるということは、
    理屈やセオリーではないのだ。
    乗り越えるために必要な時間も手段もその人それぞれ。
    それは誰にも無理強いできないし、
    かっこわるくてももがいて、もがいて、
    苦しんで、
    その人自身が納得して初めて、
    乗り越えたと言えるのだ。

    その姿には誰も笑えないし、
    むしろ涙さえ流れる。

  • 2019/4/27
    役者ってイイな。

  • 8月10日
    決行



    憎しみ
    罪悪感
    嫌悪感
    正義感

    悪意

    孤独

    成し遂げたかったことは復讐ではなくて、
    哀しむこと。

    プリンの涙。

  •  意識的な悪ではなく、怠惰から生まれる悪があり、そんな悪が、人の惰性を餌にじわじわと広がる気持ち悪さを感じる物語だった。 全体的に胸くそが悪いので最後にカタルシスを求めてしまうが、ある意味予想通り、スッキリとはさせてくれない終わり方。 しかしながら、主人公が部屋の中で全力で過去と決着をつける場面は静かにグッとくるものとなっていた。「平凡は全力でつくっていくもの」という台詞が、たぶんこの映画の全て。

    役者陣の演技が比較的派手なことに加え、台詞回しや演出に独特の「演劇感」があり、全体的に舞台を見ているような感覚だった。

全105件中 1 - 10件を表示

外部サイトの商品情報・レビュー

その夜の侍 [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする