桃さんのしあわせ [DVD]

監督 : アン・ホイ 
出演 : アンディ・ラウ  ディニー・イップ  ワン・フーリー  チン・ハイルー  チョン・プイ 
  • パラマウント ホーム エンタテインメント ジャパン (2013年5月10日発売)
3.86
  • (12)
  • (17)
  • (13)
  • (1)
  • (1)
  • 本棚登録 :67
  • レビュー :17
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988113828079

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • wowowで録画視聴。字幕版。
    こういう老いがテーマとなる話は見ていて辛いかな…と最初は少し怯みました。しかも老人ホームの様子が描かれる最初の方は、入所したばかりの桃さん同様にかなり動揺していたのですが、そんな中でも少しずつ桃さんが立ち位置を確立し、人々と馴染んでいく過程をけしてべたつかず淡々と描く様子は非常にすんなりと観る事ができました。
    そして、家政婦の桃さんに育てられた男性を演じるアンディ・ラウの佇まいが本当に素敵で。
    桃さんに献身的に、けれど過保護になり過ぎずに傍にい有る様子は、共に生活してきた者同士の自然な関わり方を伝えてきました。思いやる事さえ当たり前…という。
    それでいてどこか老いた育ての母に対するというよりは、一番大切な女性をエスコートするような姿に見える瞬間があるのはアンディ・ラウのもつ抑えた色気と桃さんを演じた主演女優の方の毅然とした美しさの所為なんでしょうね。
    他の家族ももちろん桃さんを尊重し大切にしてはいるけれど、彼とは微妙にその感覚が違う、家族ではなく使用人としての線引きがあるというのが彼と他の家族との会話に垣間見えるのですが、それをけして非難せず、だけど迎合もせずにさらりとかわすやりとりなど、会話のセンスも光る一作でした。
    これは見てよかったと凄く感じる良作でした。

  • 生きているということはいつか必ず死ぬということ。近しい人のそれをまっすぐに見つめるということはどういうことか。

    いつもあたりまえのように家族以上に近くにいた家政婦の桃さんが倒れて、彼女と二度と会えなくなるまでのロジャーの日々について/消えていく自分の命に向かい合う桃さんの日々について、の映画。雇用主と使用人という関係性だというのに毎日の繰り返しを共にしているという事がどれだけ人間の中の大きな部分を占めるのかということを問いかけてくる。そしてそんな相手に対してどうやって報いる事ができるのかという(無言の)疑問が非常にアジア的でもあり、胸にせまる。淡々と過ぎて行く残り少ない日々。細くたよりなくなっていく桃さん。だんだんと減って行く老人ホームの人々。体は静かに動かなくなっていく。黙って桃さんは笑うばかりだ。

    桃さんのご飯を食べて育ったロジャーが、外でご飯を口にしないところに胸が痛んだ。どんな愛かはどうでもよくて、それはただ静かな、愛みたいなものに見える。

  • 何十年間も家事使用人として一家のために尽くしてきたタオさんが脳梗塞で倒れ、それまで彼女に頼り切って生活してきたロジャーは、はじめて自分の方が彼女をケアする側となることを選択する。それは、産まれてこの方当たり前だったタオさんと自分との関係をあらためて見直す経験だった。
    年老いていく人の看取りという普遍的なテーマを扱っているが、ロジャーとタオさんの関係は親子のように親密でありながら、社会的には大きな差異によって隔てられている。13歳から70代まで、自分の家族をもつこともなく他人のために働き続けてきたタオさんは、全身に厳しい労働倫理がいきわたり、体がきかなくなっても自分のためにお金を使うことは嫌がる一方で、ロジャーをはじめ他人に対しては甘い。一方のロジャーは成功した映画プロデューサーで、家族も欧米に移住するなど、国境をまたいで特権的な生活を享受している。しかしその生活を支えているのは、タオさんのような肉体労働者たちなのだ。
    ロジャーはタオさんの介護費用を負担し、頻繁に訪れては親密な愛情を示すが、一歩間違えれば金持ちの自己満足的な「恩返し」の話になりかねない。この映画がそうなってはいないのは、ロジャーのモデルとなっている映画の作り手が、非常に敏感なセンスをもって、自分の振る舞いやタオさんとの関係を内省的に見つめているからだ。
    ロジャーが修理屋やタクシー運転手とまちがわれるシーンは、肉体労働者と知識人の歴然とした階級差を意識させるし、正月で人のいなくなった老人ホームで、タオさんがロジャーの一家から電話をもらったあと、同じように家族のいないケアマネージャーとTVの花火を眺めるシーンには、雇い主との疑似家族的な愛情では満たされない孤独の深さがうつしだされる。細かなディテールの積み重ねによって、親密な愛情という表面の下にある複雑さ微妙さをとらえる細やかなセンスが実にすばらしい。
    ただの「いい話」では終わらない、親密さと階級と家族について細やかな内省と洞察に誘う映画である。

  • なんか終始、涙ぐんで観てたよ。
    お母さんを思い出したり、老人施設の風景とか、タオさんがとってもキュートで。
    ロジャーは(アンディ・ラウ)の家に60年も仕えてきたタオさんをほんとに大切に思い介護し施設にも足繁く通って。
    その時のタオさんの嬉しそうな顔がおかあさんと重なってせつない。
    ロジャーが自分の製作した映画のプレミアム試写会にタオさんが精一杯のおしゃれをして二人で腕をくんで行くシーン、良かったなぁ。
    小山薫堂も言ってけどアンディ・ラウって若き日の高倉健に似ている。この役もぴったりだった。
    この役、日本でするなら誰かな…松山ケンイチ、いや意外に東出さんがいいかも。

    どんなに愛された人も、どんなに憎まれた人も最後はみんなひとりで死んでいく。

    今は亡き安西水丸氏も出てた”W座の招待状”、
    これは保存版かな。

    桃姐 A Simpie Life 2012 119 香港 中国 Wowow
    監督 : アン・ホイ
    出演 : アンディ・ラウ ディニー・イップ ワン・フーリー チン・ハイルー チョン・プイ

  • この作品を観ているとなんとなくではあるが、長年独身貴族であったアンディ・ラウの実生活はこんな感じではなかったのだろうかと思ってしまった。若い頃は武闘派作品に多く出演してきたもののアンディの真骨頂はこういったヒューマン作品にあるのではないだろうか?

    暖かいというか本当になごめるいい作品です。

    「桃さんのしあわせ」
    https://www.youtube.com/watch?v=jhuvbhRrcdk

    香港作品はどこか暖かみを感じる。俳優さんたちの中にお金がすべてじゃないみたいな感がある。本作は主演のアンディとアンディの一家に60年間という長い月日寄り添ってきた桃さんというメイドさんの2人の作品なのだが、カメオで多くの俳優さんがいたり、チョイ役でアンディと付き合いの長いアンソニー・ウォンがいたり所々で面白さ懐かしさを感じ旧作を手に取りたくなってしまう。

    桃さんが脳溢血で倒れた後、アンディは当たり前の存在の桃さんへのかけがえなない存在感に気が付く。実の母親にでもできそうにないことを実話ベースに作られたこの作品の中から感じさせる。本当に好きな作品ですね!

  • 桃姐。香港では2012年の各賞総ナメした傑作。主演のDeanie Ipが素晴らしい演技。Andy Lauもそれを引き立てる見事なパフォーマンス。描き上げた少子高齢化が進む香港の現状は観ていて非常に辛いのだが、警鐘を鳴らすと同時に観るものにイヤな感じを残さないのも素晴らしい。そしてサモハン・キンポーがカメオ出演。元気だね、洪哥。

  • 物語の見せかたや重さが自分にはちょうどよかった。
    現実にはアンディほどのいい男はなかなかいないと思うけど。

  • 淡々と進む物語。心地よいです。二人の会話、笑顔がとてもいいです。

  • 血は繋がっていなくてもこの人たちは家族なんだなと、笑い会う二人を見ていてしみじみ思えた。いいなあ。

  • よかった。けど、よかったんだけど、『息もできない』のあとに見たから、印象がうすまってしまった。

    映画なのに桃さんの60年の年月が見えました。
    あれが演技でできるなんてお芝居って凄い。

    人生って切ないです。

全17件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

桃さんのしあわせ [DVD]に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする