ティモシーの小さな奇跡 [DVD]

監督 : ピーター・ヘッジズ 
出演 : ジェニファー・ガーナー  ジョエル・エドガートン  CJ・アダムス  ダイアン・ウィースト  デイヴィッド・モース 
  • ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社 (2013年5月22日発売)
3.31
  • (3)
  • (25)
  • (28)
  • (5)
  • (3)
  • 本棚登録 :126
  • レビュー :20
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4959241914392

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 子供が欲しかったができない夫婦が願い事をした。それは自分達が描く理想の子供
    その子が突然家にやってきて
    親となる準備ができるようになり
    子供を愛することができた
    物語

  • ディズニー映画は本当にディズニーらしい。説明はもちろん足りないし、ファンタジーは現実に則してなかったら??が増えるけど、でもティモシー可愛かったし泣けたからまぁいいかって思った。

  • 両親だけでなく、誰かの願いがかなうと葉が落ちる。。。
    最初はそこが、なんだかな~と思っていたが
    そこが良かった

    できすぎではなく
    (少々ご都合主義だけど
    ファンタジーだからまぁいっか
    ではなく)
    失敗したり、間違ったり
    でも愛情たっぷり

    男子ではなく、女子リリーなのも良かった

  • (The Odd Life of Timothy Green; 2012年/米、104min.)

    舞台は鉛筆製造が唯一の地場産業である田舎町。子供を望みつつも子宝に恵まれないティム&シンディ夫婦のもとにある日ティモシーと名乗る少年がやってくる。

    ディズニー版、竹取物語。

  • ファンタジーだな~と思って観てたら やっぱりディズニーだった。
    さらっと見ながらも ほっこり温かな気持ちになれるストーリー。わりと好き。
    そしてティモシーの演技力!

  • 枯れゆく落ち葉は時間の無常さ。
    人に対する想いは不変。

    ティモシーのくれた贈り物は奇跡ではなく人の可能性、そんな気持ちにさせてくれる作品でした。

  • 落葉がわさわさあると、幸せな気持ちになる。それが味わえるファンタジー。

  • ディズニーだから失敗はないだろう、と思ったら、その通り。よく練られた素敵な映画でした。
    こどもが可愛くて、絶対これは泣くな、と思ったら、何度も(最初から)涙がたまった。
    こどもと行った親のほうが笑って、共感して、考えさせられる映画だと思う。

  • WOWOW字幕で鑑賞。子供に恵まれない夫婦の所へやって来た不思議な少年ティモシーが、限られた時間の中で親子関係を築いていく心温まる物語。いかにもディズニーらしい教科書みたいな内容で、さあ感動しろと言わんばかりの演出には、ひねくれ者の私は涙できない。葉の化身という設定は良かった。

  • お酒が入ってたのもあるけど、ボロ泣き。
    友達に不妊症の子がいるから更に気持ちが入ってしまった。
    馬鹿正直になりたいな。

全20件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする