僕の見た「大日本帝国」 [Kindle]

著者 :
  • アドレナライズ
4.00
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 8
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (434ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2000年頃にサハリン、ミクロネシア、台湾、韓国、旧満州などの大日本帝国占領地を歩き、日本時代の足跡を探した本。
    台湾の先住民が住む島などでは日本語がかなり共通語になっているなど、体験記はどれも面白い。外国で外国人が日本語を話す様子は新鮮で興味深い

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

ノンフィクション作家・フリーライター
1970年大阪府生まれ。神戸学院大学法学部卒。
離婚を経験し、わが子と離れて暮らす当事者となって以来、子どもに会えない親、DVや
虚偽DVなど、家族をテーマにした記事を雑誌やウェブメディアに執筆。
著書に『僕の見た「大日本帝国」』、『誰も国境を知らない』『本で床は抜けるのか』
など多数。18人の父親に話を聞いた『わが子に会えない 離婚後に漂流する父親たち』
(PHP研究所)を2017年に出版。

「2020年 『子どもを連れて、逃げました。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

西牟田靖の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×