池上彰の宗教がわかれば世界が見える [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
3.80
  • (1)
  • (6)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (93ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • テレビで大人気の池上先生が各宗教の著名研究者とインタビュー形式で宗教の歴史や現在、そしてどうあるべきかと話していく本。
    私は新興宗教(といっても立教200年は超えている)に親の世代から入っているので、宗教については多少知識を持っていたつもりだったが、全く知らないことを思い知らされた。
    人はなぜ宗教に入るのか、そしてキリスト教、ユダヤ教、イスラム教は今日までなぜ争い続けているのか、ということがよくわかり、宗教学の入門としても名著だと感じた。
    池上先生の本は初めて呼んだが、非常にわかりやすく構成されており、すんなりと頭に入ってくる文章なので他の著書も読んでみたいと思いました。

全1件中 1 - 1件を表示

プロフィール

池上 彰(いけがみ あきら)
1950年、長野県生まれのジャーナリスト。東京工業大学特命教授、京都造形芸術大学客員教授、名城大学教授、信州大学・愛知学院大学特任教授、特定非営利活動法人日本ニュース時事能力検定協会理事を兼任する。
慶應義塾大学経済学部卒業後、1973年から2005年までNHKで記者として勤める。以降、フリーランスのジャーナリストとして活動。ニュース番組で人気になった。2012年から2016年までは東京工業大学リベラルアーツセンター専任教授を勤め、定年退職後も学生教育に関わっている。

池上彰の宗教がわかれば世界が見えるのその他の作品

池上彰の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする