特殊清掃 死体と向き合った男の20年の記録 [Kindle]

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.13
  • (0)
  • (3)
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :27
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (142ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  特殊清掃とは、事故や自殺など遺体が関係する現場やゴミ屋敷などを清掃することで、著者が作った造語らしい。シンプルだがなんとなく伝わってくる言葉だ。

     本書は著者が経験した現場のエピソードを綴ったブログの記事をまとめたもの。本業は物書きではないので文章はややこなれていない印象もある。本人が書くよりジャーナリストが取材してまとめた方が読みやすいものになったと思われるが、やはり本人ならではの迫力もあり、どちらが良いとも言いがたい。

     遺体そのものは警察などが運び去るので、彼らが行うのはいわば痕跡の除去だが、遺体は燃やせても建物を燃やすわけにはいかないのだから、むしろ大変だろう。その様子は淡々と語られているが、想像するとすさまじい。

  • 風呂場でぶよぶよに膨らんだ水死体画像は見たことあるが、それは辛うじて人の形を留めているものであった。それはまだ画像を通してるが故に、緩衝されている部分があるが、現実にそのものと対峙することを考えると著者の経験には頭が下がります。
    平易な文章で読み易く、書かれることは意外とおどろおどろしくない。寧ろこざっぱりとしていると言える。
    著者の人柄の善人ではないが悪い人でもない日々の仕事に対して憤りや不平を感じたり、悩んだり、故人または遺族に対して想うことを想い時には涙する。
    対峙することで見えて来るもの、感じるものを請け負わずに打ち明ける様は人間らしさ、人間味が親しさをもって綴られる等身大の姿だ。
    文章で語られる死の現場から見えるのは、ありきたりではあるが人の有限性である。
    人の有限性をもってして愛しさを覚え、人生の歯がゆさ、儚さと人と人が紡ぐ慈しみが沁みる。
    人の逃れられない死に際して何を学ぶか。死を考えることで生も浮かび上がってくる。

  • 自分が死んだ後のことで考えているのは、荷物の整理です。もし自分が死んだ時に、残された人がいれば、その人達に自分の死による煩雑な事務の迷惑をかけたくないので、死が近づいてきたら荷物は軽くしておきたいです。

    日頃から物を持たない生活を心がけています。単純に物を持たない生活が心地いいからです。一方で、先を見越した死への準備とも言えるかもしれません。

  • 人の死に触れる仕事をしているからこそ、人の死を身近に感じる。
    多くの死に接する中で、きれいな心でいるために人の痛みに共感することが必要と考える。

全4件中 1 - 4件を表示

特殊清掃 死体と向き合った男の20年の記録のその他の作品

特殊清掃 単行本(ソフトカバー) 特殊清掃 特掃隊長

特掃隊長の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする