伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】 [Kindle]

著者 :
  • ダイヤモンド社
3.77
  • (40)
  • (77)
  • (58)
  • (8)
  • (3)
本棚登録 : 687
レビュー : 75
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • こちらの伝え方は、日常使いではなく、ビジネス使いがメイン。

    自分の意思を上手く通す方法が書かれている。
    内容は薄いように感じた。

  • 会社のチームのメンバー6人で図書交換週間を実施している。これはその一冊目。
    ブランドマネージャーの資格を持つ先輩の本。さすが、本のチョイスも秀逸である。
    同じ内容でも、伝え方を工夫するだけで、相手への響き方も大きく変わる。
    それを、実践を交えて具体的に解説している。著者は、社会人になりたてのころ、運命の巡り合わせか、コピーライターに配属された。しかし最初は泣かず飛ばすの状態だったらしい。そこから、様々な著書からコトバを見つけ出し、ノートに書き写すことで、ある法則性に気付いたという。
    それらはビジネス、そしてデートの誘い方一つにしても多いに応用出来る、と。
    例えば、「デートしてほしい」と言うよりも、「驚くほど旨いパスタの店があるんだけど、行かない?」と、相手のメリットを一致するお願いの仕方にするとグッと成功率が上がるという。
    その他、残業や領収書の頼み方や、放置自転車の看板、など、実例を交えて様々なテクニックを紹介している。
    時に、SMAPやサザンの歌詞を引用したり、コトバの作り方を料理のレシピに例える等の比喩を多用したり、わかりやすく言いたい部分を図にしてみたりと、我々読者に興味を持たせ、飽きさせない工夫も随所に見られた。
    私が惹き付けられたのは第3章。「強いコトバをつくる5つの法則」の章だ。
    「サプライズ法」「ギャップ法」「赤裸裸法」「リピート法」「クライマックス法」の5つを駆使できるようになれば、心を揺さぶるようなコトバを作ることが出来るようになると言う。
    これを読んですぐ後に、仕事である商品のコピーをクライアントのHPを見ながらポスターに書き写す、という機会があった。そのとき、早速「ギャップ法」を用いていることに気付き、思わずニヤリとしてしまった。仕事上、コトバと接する機会はとても多いので、これからは意識してコトバを見てみようと思った。
    そして、見るだけではなく、それらのコトバを自ら使うことが最も大事。仕事でも、プライベートでもコトバは普遍的であり、必要不可欠なもの。職業柄、成果物をどうしても重要視しがちだが、それらの魅力を最大限に伝えるにはやっぱコトバの存在は欠かせない。相手の心を動かすコトバ。意識して使ってみたい。

    そして、最も心に残った一文はこちら。
    「告白しますが、今でも思い通り人に伝えられたときは、恥ずかしながら感動で目頭が熱くなります。」
    割と冒頭の方に出て来るんだけど、私はとても秀逸な一文に感じた。何故なら、コミュニケーションの分野では今ではいくつも講義をするほどの名高い著者であるにも関わらず、このような謙遜のコトバ。そして、この文に色んなテクニックが施されていることに気付く。クライマックス法と赤裸裸法。そしてビジネス本なのに、じわっと伝わってくる温かさと人間らしさ。私は偉そうなことを延々と述べるビジネス書が好きではないので、そういう点が全く見られなかったところがこの本の大きな魅力だと感じた。
    小説ばかり読み過ぎたので、来年はビジネス書も読んでみようかな。

  • だいぶ前置きが長いので、実際の中身の部分は1時間もあれば十分読めます。
    ですが、内容自体はとても実践的でわかりやすく、使うイメージがわきました。
    また、著者の「伝えることが苦手な人に届けたい」という強い思いが伝わってきました。

    相手のイエスをとるには自分の考えをそのまま伝えてはいけない、というのは頭ではわかっているはずでもやってしまいがちだなと思いました。
    なんとなく、自分の思いをそのまま伝えた方が素直でいいんじゃないかと思っていたのですが
    目的を考えたら相手目線になるべきだなと思い直しました。
    仕事でもプライベートでも、「お願いします」だけでなく、相手にとってどんなプラスがあるかを考えて伝える習慣をつけていきます。

    後半に書かれていた「強いコトバをつくる5つの技術」は、特に具体的ですぐに使えそうだと思いました。
    まずは文章を書くときに使ってみます。

    • たっちーさん
      なっちょの感想は分かりやすくて本読みたくなる!!今度どんな風に読めば頭に入ってくるのか教えてください♫(^◇^)
      なっちょの感想は分かりやすくて本読みたくなる!!今度どんな風に読めば頭に入ってくるのか教えてください♫(^◇^)
      2020/04/23
    • なっちょさん
      たっちー
      嬉しいありがとう!!
      うまく伝えられてるかはわからんけど、インプット大全っていう本を最近読んでからちゃんとアウトプットするようにし...
      たっちー
      嬉しいありがとう!!
      うまく伝えられてるかはわからんけど、インプット大全っていう本を最近読んでからちゃんとアウトプットするようにしてる!
      セミナーとか読書とかのインプットをどうやって成長に繋げるかわかりやすく書かれてておすすめ(*´꒳`*)
      2020/04/25
  • 元々は文章が苦手だった著書ですが、ある時、印象深い文章には法則があるのに気付きます。それが分かってから、コピーライターの仕事がうまくいくようになりました。

    何も難しいことは書いてありません。この本を読んで少し意識すれば、仕事やプライベートがうまくいくようになるはずです。何かを伝えるときには、相手の気持ちになること。自分の伝えたいことを、どう表現すれば、相手が気持ちよく受け取ることができるか。そのために必要な事は、すべてこの本に書いてあります。

    この本に書かれていることを意識して、ちょっとだけ伝え方を変えていきましょう。それが、未来を変えていくことになるはずだから。

  • 読んだその場から伝え方が変わります。昨日断られたデートも、今ならきっと成功します。そんな本。ちなみに佐々木氏に今度インタビューしてきます。楽しみぐふふふふhh

  • 同じような内容の本は多々あると思う。

    けれど、具体的にどのように落とし込めばいいのかと言うのがいまいちわかっていなかったのが、よく理解できた気がする。

  • 本書は、歴史上の名言などから言葉の技術を見つけ出し、それらの技術や使い方が載っています。お願い事をするとき、ちょっとした一言を付け足したり、内容は一緒だけど文章を少し変えるだけで「YES」の確率を上げることができたり、相手に興味を持ってもらえるなど、仕事や私生活ですぐ使える伝え方が何種類も説明されていて、話は得意ではない方やもっと話の質をあげたい方も読んだ方がいいなと思える本でした。

  • どうすると人の心に響く表現となるかについて。
    5パターン紹介されていて分かりやすい。

    サプライズ法
    そうだ 京都、行こう。

    ギャップ法
    これは私の話ではない。きみの話だ。

    赤裸々法
    唇が震えてる。あなたが好き。

    リピート法
    会いたくて 会いたくて震える

    クライマックス法
    ここだけの話ですが、私はカレーが好きです。

    あとは、コラムの付箋の使い方が面白かった。
    ちぎってみる、折って立ててみる、そんな工夫で目を引くことができる。

  • 仕事や私生活に役立ちそう。
    相手の立場に立つこと、そして相手の感情を揺さぶる事が大事なんだなと感じた。


  • " 驚くほど旨いパスタどう?"

    イエスに変える3つのステップ
    ・自分の頭の中をそのまま言葉にしない
    ・相手の頭の中を想像する
    (お願いに相手がどう考えるのか、普段相手は何を考えているか)何が好きで何が嫌いか相手の基本的な情報を思い出してみる
    ・相手のメリットと一致するお願いをつくる

    イエスに変える7つの切り口
    ・相手の好きなことから伝える
    例)できたてをご用意します。4分ほどお待ちいただけますか?
    後方のお客様、お時間がかかってしまうのでごゆっくりお支度ください

    ・嫌いなこと回避
    × 芝生に入らないでください
    ⚪︎芝生に入ると農薬の匂いがつきます

    ・選択の自由
    人は決断が苦手な一方、2つの選択肢があるときの「比較」が得意

    ・認められたい欲
    × 残業お願いできる?
    ⚪︎君の企画書が刺さるんだよ、お願いできない?
    認められる言葉から始まることで面倒くさいことでもやる気になってしまう

    ・あなた限定
    ・チームワーク化
    ×勉強しよう ⚪︎一緒に勉強しよう
    ・感謝
    ×領収書をおとしてください
    ⚪︎いつもありがとうございます、領収書お願いできますか?
    ×トイレを綺麗に使ってください
    ⚪︎トイレを綺麗に使って頂きありがとうございます

    "お願いは相手との共作である"

    強い言葉につくるときは
    言葉に高低差をつけること。
    ×あなたがすき
    ⚪︎嫌いになりたいのにあなたがすき

    ・サプライズ方式
    あ!とかそうだ!とか、、、
    自分が驚いたときではなく相手の心を動かしたいときに使う

    ・ギャップ法
    ①伝えたい言葉を決める
    ②正反対のワードを前半にいれる
    ③前後がつながるように自由につくる

    ・赤裸々法
    ①最も伝えたい言葉をきめる
    ②自分の身体の反応を赤裸々に言葉にする
    ③赤裸々ワードを伝えたい言葉の前にいれる

    ・リピート法
    ・クライマックス法
    伝えたい言葉の前に「これだけは覚えてほしいのですが〜、、、」「ここテストにでます」

全75件中 1 - 10件を表示

佐々木圭一の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジェームス W....
ジャレド・ダイア...
エリック・リース
稲盛和夫
ウォルター・アイ...
有効な右矢印 無効な右矢印

伝え方が9割 【「伝え方が9割 2」試読版付き】を本棚に登録しているひと

ツイートする
×