徳川家康(9) 碧雲の巻 (山岡荘八歴史文庫) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (297ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 主人公のはずの家康が全体の一割しか出ていない巻で、ほとんど秀吉と柴田勝家、浅井三姉妹の話。
    秀吉に攻めこまれ、切腹した後に内蔵を敵に投げつけて爆死したという勝家の壮絶な最期を描いている。

  • 豊臣秀吉と柴田勝家の対決が描かれた巻。
    自分の意地のため、家臣を道連れにする柴田勝家の勝手さが理解できない。もう少し違う生き方ができないものなのか。

  • 賤ヶ岳の戦い

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

昭和13年、懸賞小説に入選し文壇デビュー。昭和25年から新聞に『徳川家康』を連載開始。連載期間は18年にも及び、「経営トラの巻」としても多くの読者を獲得した。

代表作:『新太平記』『伊達政宗』『坂本龍馬』『小説太平洋戦争』等多数。

「2017年 『横山光輝戦国武将列伝 徳川家康VS.石田三成 関ヶ原の戦い』 で使われていた紹介文から引用しています。」

徳川家康(9) 碧雲の巻 (山岡荘八歴史文庫)のその他の作品

山岡荘八の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

徳川家康(9) 碧雲の巻 (山岡荘八歴史文庫)を本棚に登録しているひと

ツイートする