砂漠でサーモン・フィッシング [Blu-ray]

監督 : ラッセ・ハルストレム 
出演 : ユアン・マクレガー  エミリー・ブラント  クリスティン・スコット・トーマス  アマール・ワケド  トム・マイソン 
  • 松竹 (2013年6月8日発売)
3.38
  • (2)
  • (6)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :38
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988105101869

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • イエメンの砂漠の中でサーモン釣りをしたい。
    そんな、イエメンの大富豪の絵空事とも思われた計画は、アラブとの関係改善を目論むイギリス政府の後押しもあり一大プロジェクトに。。。

    ラッセ・ハルストレム監督が得意とする、ファンタジーにも近い奇想天外なイベントと、それに関わる人々の心の再生を描いた物語。絵作りの雰囲気(色使いかなぁ?)も非常にハルストレム監督らしかった。
    冒頭はテンポもよくユーモアに溢れていたが、中盤以降は若干テンポが落ちて散漫になっちゃってたかなぁという気がする。

    ユアン・マクレガーは真面目なんだけど優柔不断すぎて少しイライラさせる研究者を好演。それからクリスティン・スコット・トーマスがかつてない程にアクの強い「嫌な女」を演じていた。エミリー・ブラントも期待通り。
    あとは今まで全く知らなかったんだけど、シャイフ役を演じた男性がイケメン過ぎて、役柄の良い人度も相まってすごく良かった!

  • 前向きな映画。オビワンのユアンの演技がハマり役。エミリーブラントが幸せ役。

  • なかなかおもしろかった。けど、小説で読んだほうがもっとおもしろいのかも、という気も。

  • 奇想天外な設定の割に、ほのぼのとして可愛らしい物語。誠実で不器用なジョーンズ博士のキャラに主演のEwan McGregorがよく嵌っている。主要登場人物の誠実で素朴な雰囲気や映像の美しさと英国政府のおバカぶりや設定のコミカルさのバランスが非常にいい塩梅。

  • かわいい映画。ちょっと途中のんびりすぎるところもあったが、出てくるキャラクターがいい、です。

  • ストーリーが面白かった。でもリュミエールの子供ではない。

  • 面白かった。鮭プロジェクトそのものより、政府筋のばかばかしさとか、イギリスの釣り人気質とか、ユアンの生真面目さとか。シャイフ役の人が富豪の余裕を感じさせる魅力的な人だった。中東の人ってあの恰好で釣りするのか。ハリエットの彼氏の設定があまりにうさんくさくて騙されてるのかと思ったら違った。結局鮭はどこから手配したのか見落とした・・・。

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
有効な右矢印 無効な右矢印

砂漠でサーモン・フィッシング [Blu-ray]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする