ブラックジャックによろしく 1 [Kindle]

著者 :
  • 2013年2月28日発売
3.93
  • (27)
  • (57)
  • (36)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :341
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (207ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これは、はまりそうです!!

    研修医の斉藤くん随分と真面目に考えすぎてしまう性格なようですが
    そこがストーリーを面白く展開してくれます。

    心臓を患っている寡黙な男性の担当になりコミュニケーションを
    はかろうとしていたときのセリフが印象に残りました。

    研修医で頼りない自分が担当になり不安なのではないかと
    気遣いの気持ちから、ちょっと前まで医師免許のない普通の人だった
    自分は患者さんの気持ちが一番分かると・・・。
    研修医でも存在意義があるということなのでしょう。

  • 電子書籍が無料だったので、全巻購入、読了。
    賛否両論あるマンガなのが分かりました。お医者さんに喧嘩売りすぎだし、主人公が自分勝手すぎるなと、読んでて思いました。
    ただ、マンガとしての作られ方がとても素晴らしく、1つのエピソードを2-3巻程度でじっくり、しかし長くなり過ぎないように作られていました。
    また、内容も基本的には正解のない問題、当事者しか答えを持てない問題であり、主人公と対立者、双方の主張はそれぞれある意味間違っている点がなんとも、面白い。
    ガンの話は、少し涙腺が緩みました。あの家族愛の描写は反則です……
    実際、すぐそこに自分の死があると認識した時、どんな感情を持つのでしょう。自分の人生があと数ヶ月で終わるとしたら……頭のなかに浮かぶ想像はどれも現実感がなく、答えは出ません。
    悔いのない人生って、なんだろう。

  • 斎藤先生は熱い!

  • 純粋な研修医も、こうやってスレていくんだな……。

    医者って本当にすごい職業だわ。

  • 個人的な趣味に合うか合わないかで言ったら合わないんだけど、それでも、面白い!と没頭して読ませる漫画だった。すごい。

  • 研修医の主人公が各科での診療を通じて、現代医療の問題にぶつかりながらも一人前の医者に成長しそして、周りを変えていく話。
    初めて医療系漫画を読んだが、今の医学界だけでなく日本の社会にも焦点を当てており、とっつきやすかった。
    特に最後の章である精神科の話は、実際に起きた小学校殺人事件を取り上げ、事件の裏で人知れず苦しむ精神障害者たちに焦点を当てていた。
    自分の身の回りの経験もあって、非常の考えさせられる話だった。

  • 医療系はあまり読まない方で毛嫌いしていたかもしれません。


    ですがこの漫画を読み、そういう考えは捨てます。


    医療は人を助けるだけでなくお金の面の問題や技術の問題、そして医者の意識の問題などいろいろあるということをこのマンガが教えてくれました。

  • 始めは説明でお堅いですが、読みやすくなります。
    よく調査され、綺麗に作られていますが、ローコンテクストで、手触りのあるリアリティに欠けています。

  • 初の電子版漫画。無料なので全巻ダウンロードした。
    救いようのない気が重くなる場面も多いが、ぐいぐいと引き込まれた。

  • 時々主人公の表情にたまらなく嫌悪感を抱いてしまう

全45件中 1 - 10件を表示

ブラックジャックによろしく 1のその他の作品

佐藤秀峰の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
三浦 しをん
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ブラックジャックによろしく 1を本棚に登録しているひと

ツイートする