コーチングが人を活かす (ディスカヴァー携書) [Kindle]

著者 :
  • ディスカヴァー・トゥエンティワン
3.50
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (119ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 人の話を聞く技術、話す技術、カウンセリングの心構えなどが書いてある。
    上司が部下とどう接すべきか悩んでいる場面を想定して書かれているっぽい。

    あいづちを打つ、話を聞く、出会いがしらの一言が大事である、など、内容自体はいろいろな新書で書かれているものとさして変わらない。

  • あまり役にたちそうにない気がする。

  • コーチングの入門書。

    <実践メモ>
    ◆出会いがしらの一言に留意する(相手の関心を想像)
    ◆相手の気になってる話題について30分間話してもらう
    ◆点数化する(理想の状態を10点満点とする)

    <備忘録メモ>
    不満を提案に変える
    向こう側から見る→ひたすら相手についての質問をする
      ・質問例:「どなられた営業マンはどんなことを考えると思う?」)
    究極の質問
     ・「もしあと◆時間で解決しないと大切なものを失うとしたら~」
    自分の気持ちを伝える
    評価ではなく自分がどう感じたかを伝える(YOUより「I」)
    目標についてたくさん質問する(目標達成後のイメージ、次の目標等)
    オリジナルのチェックリストを作らせる
    切り口を与える(例:妥協・未完了・境界線)
    価値をみつける(例:影響、創造、工夫) P86


    ※「天才とは努力する凡才のことである」(byアインシュタイン)

全3件中 1 - 3件を表示

コーチングが人を活かす (ディスカヴァー携書)のその他の作品

鈴木義幸の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

コーチングが人を活かす (ディスカヴァー携書)を本棚に登録しているひと

ツイートする