青が散る(下) (文春文庫) [Kindle]

著者 :
  • 文藝春秋
4.00
  • (1)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「人の不幸の上に、自分の幸福など築けるものか。」

    青春時代は何かを失わなければならない。
    失った先に未来がある。

  • 同年代ならきっと覚えているだろう,同名ドラマの原作。ドラマのストーリーはほとんど覚えていないが,テーマ曲である松田聖子の「蒼いフォトグラフ」の印象が強かった。骨太の,ちょっと重い青春物語だった。テニスのプレイ描写が秀逸。知らない人にはちんぷんかんぷんかも。ドラマでは清水善三が演じてた安斉の病気は白血病だったが,原作は違ったのだな。これは日本のTV界の根深い問題だ。いや,日本社会の問題かも。そしてラストが切なすぎる。

  • 80年代に放送された同名ドラマの原作。ドラマのストーリーはほとんど覚えていないけど,テーマ曲である松田聖子の「蒼いフォトグラフ」の印象が強い。テニスのプレーの描写が克明でびっくり。やったことも見たこともない人には,ちんぷんかんぷんかも。ドラマでは,欽ちゃんファミリーの1人でもあった清水善三扮する安斉の病気が白血病になっていた。このあたり,日本のTV界の問題が垣間見える。ラストが切ない。

  • 願書提出からギリギリ追試に合格する日までのかっきり4年間の大学での出来事 
    作者が大学生活はテニスだけしていたということなので 意識しながら読んだ
    作者自身が経験した事 出来なかった事 身の回りで起こった出来事すべて詰め込みましたという内容 新設大学で まずコートづくり そしてクラブ運営 数々の大会 花を添える女性数人 テニスファンとしておもしろく読んだ 

全4件中 1 - 4件を表示

青が散る(下) (文春文庫)のその他の作品

宮本輝の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

青が散る(下) (文春文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする