対談 「就活」という窓から見えるもの―新潮45eBooklet [Kindle]

  • 新潮社
2.67
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :14
  • レビュー :1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (21ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013年3月初版
    古市憲寿・朝井リョウ 著
    ==

    気鋭のサラリーマン作家と若手社会学者の「就活」と今の若者の生き方についての対談。

    「前は、面白いコンテンツを得たければ正規の料金を払うことがベストだったし、 手っ取り早かった。そして限られたお小遣いで何かを買うとなると、 かなり悩んで取捨選択するので、選んだものが面白かったら自信になるし、 そういうふうに自ら選択したものを自分の中で積み重ねていく行為自体が、 自分で何かを作ろうと考えるようになったことにつながっているんじゃないかと思います。」

    「そう考えると、逆に今のようにいろんなものが無料で手に入る状況は、個人の専門性を形づくる上で妨げになっているのかも知れませんね。」


    メモ。

全1件中 1 - 1件を表示

古市憲寿の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする