入門Chef Solo - Infrastructure as Code [Kindle]

著者 :
  • 伊藤直也
4.21
  • (18)
  • (17)
  • (7)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 165
レビュー : 12
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (170ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • とてもわかりやすくまとまったChef入門書。最終的には、タイトルを超えてchef serverの導入まで解説される。Vagrantやberkshelfを使ったモダンな環境も紹介されていて、とてもよい。さくっと読めるので、是非よまれたい。現存する最もよい解説だと思う。

  • サーバ状態収束ツールChefの概要が分かる本。



    ChefやPuppetが出てきてから結構経っているが、遅まきながら追いつこうと買った。入門本のほとんどはインストールの仕方とサンプルコードの山で構成されていて、ツールの概要やメリット、デメリット、運用例はほとんど書いてないゴミが多いが、本書はそうではなかった。すばらしい。



    本書で得た有用な情報は以下の通り。


    【Chefの特徴】

    ・Chefは、サーバの状態を収束させるためのツールである。
    ・Chefは、冪等性を保証する。
    ・Chefを使うなら、サーバの状態管理には必ずChefを使用すべき。
    ・サーバ内にアプリケーションをデプロイする場合は、ChefではなくCinnamonなどを使用しよう。



    Chefが海外サイトで話題になった頃、「Rubyで書いたAnt」だと思って、特に情報収集していなかったが、RubyのDSLを有効活用しまくった普及の早さと、Antなんかより汎用性も柔軟性も拡張性の高さ、なにより個人がインフラを管理するのが当たり前になりつつあるIT環境事情もあいまって、相当使えるツールに成長したようだ。

    Puppetなど同等ツールとの比較記事もあるが、これだけ普及すればどっちに倒れてもコンバートツールは出てきそうなので、どちらでもよさそうだな。Chefはサーバ状態収束ツール、Puppetはサーバ管理ツールという感じだが、機能的にはどちらも変わらなそう。ややPuppetの方が完成度が高いようだが、Chefの方が一段レイヤーが高い感じがするので、Chefにしようかな。後発だし。。

  • とりあえず一通り読了。
    chefの簡単な概念や使い方を把握できた。これから実際にchefを使ってみるつもり。
    GitHubなどでソースコードの保存が出来るが、サーバーの状態保存が出来るなんて画期的だし素晴らしい。
    chef-soloの凄さも何となくだが理解したつもりで入るがvagrantという仮想サーバー作成gemの便利さの衝撃の方が今は強い不思議。
    chef使ってみよう。

  • たぶん現在のところ唯一のChef本ということで、初Kindleアプリで購入。内容はChef soloの導入から基本的な設定まで。あとおまけでChef Serverの導入も。Chefは公式のドキュメントが分かりやすくはあるのだが、それを読んで試せる環境を構築するまでにちょっとした山がある。ググっても日本語ではインストールの仕方までしか載っていないサイトが多い中、トライアンドエラーが出来る所まで連れて行ってくれる本書の存在はありがたい。890円という値段がやや気になったが、この速さで読める技術書ということを考えると妥当か?今後のバージョンアップに沿って加筆修正などして頂けると値段以上の価値となるのだが…。続きは本書を読むことで使いこなせるようになる公式ドキュメントで?

  • Chefという名前は知ってたけど使ってなかったので勉強がてら買ってみた。
    読み終わって、使っていなかったことを激しく後悔した。
    週明けにはchef-solo入れて、chef-serverまで構築してみよう。
    入門としては十分な印象。もっと深いとこまでしゃぶってみたい。

  • chef 出たてのころに読んだ。当時の入門書としては chef の冪等性などを理解するのに良い本。2016年現在はちょっと古くなってるので細かいとこはオンラインを参照する必要がありそう

  • ローカル開発環境構築の前に読んでおく。穏やかな語り口調で書かれた文章が読みやすい。1度読んだだけでは憶えにくい箇所には繰り返し言及してくれるのがとても親切な本でした。本当に理解している人って説明も上手いの好例なのではないでしょうか。

  • 会社で開発環境構築を自動化するというミッションを達成するために勉強を始めました。

    Chefを全く触ったことがなかったのですが、初歩的なトコロからわかりやすく書いてあったので、入門としては本当によかったです。あとページ数が少ないので、数時間で一気読みできます。Berkshelfの基本的なノウハウにも触れてあったので勉強になりました。

    結果的に、この一冊をキッカケに当初目指していた開発環境構築の自動化は無事完了することができました^^
    すぐ実践にいかせるChefが素敵だし、その手助けをしてくれる本書も素敵ですね^^

  • あまりサーバーの知識がない自分にもわかり易かったです
    これから色々と活用していきたいと思います

  • ・内容のボリュームはちょうどいい
    単体のSoloとサーバー両方ともある
    ・全体的な流れはすごくいい
    単体で使うChef Soloで、基本概念や使い方を勉強できて、後ほどのサーバーでの運用も理解しやすくなって、いい感じ
    ・Vagrantについても勉強出来る
    ローカルでテスト・確認する時使ってので、設定方法など参考になりました

全12件中 1 - 10件を表示

伊藤直也の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

入門Chef Solo - Infrastructure as Codeを本棚に登録しているひと

ツイートする