小林賢太郎演劇作品「ロールシャッハ」 [DVD]

監督 : 小林賢太郎 
出演 : 小林賢太郎  久ヶ沢徹  竹井亮介  辻本耕志 
  • ポニーキャニオン (2013年5月15日発売)
4.33
  • (10)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :55
  • レビュー :7
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013369061

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 制作年:2013年
    監 督:小林賢太郎
    主 演:久ヶ沢徹、竹井亮介、辻本耕志、小林賢太郎
    時 間:123分
    音 声:日:ドルビーステレオ


    小林賢太郎が描く「正義」とは

    その国は、国土を広げるために島から島へと開拓を続け、ついには「世界の果て」と言われる大きな壁にぶつかった。
    壁の向こうを目指すため、見た目も性格も全く異なる4人の男が招集される。
    訓練をかさねるうちに彼らは、この作戦に裏があることに気がつく・・・。
    上質な笑いと、劇場空間ならではのあっと驚く仕掛けが散りばめられた、エンターテインメント演劇作品です。

  • 道徳的。

    NHKで放送できますな。

    小ネタいろいろ
    楽しかった~


    壁のある世界で、
    その壁の向こう側を開拓すべく、
    大砲を撃ち込むプロジェクトに参加することになった民間人三人と、
    開拓隊の雑用係。

    プロジェクトに取り組みながら、
    四人はそれぞれに自分と向き合い、
    成長していく、

    さて無事にプロジェクトを成功させることはできるのか!


    目からスノコ、笑

  • 観劇。

  • 初演は劇場で観た。知ってるせいかちょっと長く感じた。天森こんなビジュアルだったっけ?

  • ノーナの曲。
    コバケンの変な喋り方。
    久ヶ沢さんのダイナミックさ。
    竹井さんの汗。
    辻本さんのちっささ。
    よい。
    途中のダンスは何か照れ臭いのう。

  • コミカルで楽しかったけど、物足りなさが残ったな。

  • 今回も小林賢太郎の世界に惹きこまれた。
    メッセージ性がわかりやすかった。
    役者さんの行動が繊細で魅了された。
    KKP#5『TAKEOFF ~ライト三兄弟~』+
    K.K.P.♯6『TRIUMPH』のような印象。

    テーマソング:「AUGUST」ノーナ・リーヴスが
    ここぞという時に流れ印象的なものであった。

    自分と向き合い、問いかけていくことの大切さを改めて感じ
    ふと自分自身ならと置き換えて考えている自分がいた。

    是非公演に足を運びたい。

全7件中 1 - 7件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする