よろこびの機械 [Kindle]

  • 早川書房
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (123ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • これまで読んだブラッドベリ作品集の中では難解な作品が多く、特に表題作は宗教感を理解していないせいか、さっぱり分からなかった。そんな中で「休暇」というブラッドベリらしさが溢れる美しい終末ものに感動。この一遍だけでも読む価値はある。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1920年、アメリカ、イリノイ州生まれ。少年時代から魔術や芝居、コミックの世界に夢中になる。のちに、SFや幻想的手法をつかった短篇を次々に発表し、世界中の読者を魅了する。米国ナショナルブックアウォード(2000年)ほか多くの栄誉ある文芸賞を受賞。2012年他界。主な作品に『火星年代記』『華氏451度』『たんぽぽのお酒』『何かが道をやってくる』など。

「2015年 『たんぽぽのお酒 戯曲版』 で使われていた紹介文から引用しています。」

よろこびの機械のその他の作品

よろこびの機械 (ハヤカワ文庫 NV 112) 文庫 よろこびの機械 (ハヤカワ文庫 NV 112) レイ・ブラッドベリ

レイ・ブラッドベリの作品

外部サイトの商品情報・レビュー

よろこびの機械を本棚に登録しているひと

ツイートする