流れよわが涙、と警官は言った [Kindle]

  • 早川書房 (2013年3月29日発売)
3.10
  • (0)
  • (3)
  • (6)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :50
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (114ページ)

流れよわが涙、と警官は言ったの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • フィリップKディックはやはり感情の表現が素晴らしい。
    特に挫折感や絶望、悲しみ、それらをどこか優しく表現するのがほんとうに上手い。

  • ディック作品には珍しくない、実世界を失った男の話。
    もともとの世界の多少の不可解さや、新しい世界での登場人物の変化なども、「ああ、ディックだな」と思える作品。

    しかし、その世界を失った理由が割とはっきりわかるのは珍しいかも。最後は結構感情的な物語です。本作のダンディズムは古典的だな、と思いました。そういう部分は、日本も欧米も共通なのかもしれません。

全2件中 1 - 2件を表示

流れよわが涙、と警官は言ったのその他の作品

フィリップKディックの作品

流れよわが涙、と警官は言ったはこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする