マッキンゼー流最強チームのつくり方 DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー論文 [Kindle]

著者 :
制作 : DIAMONDハーバード・ビジネス・レビュー編集部 
  • ダイヤモンド社
3.40
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 21
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (24ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ・マッキンゼーに入社するということは、この「ファーム内チーム組織市場、に参入できる資格を得るということに他ならない
    ・忘年会や社内旅行といったイベントまでが「チームで使命を達成する」ことの訓練に使われている
    ・意見の衝突や見解の相違から生まれる価値を信じ、コンフリクトを楽しむといった態度が見られる
    ・「スムーズな人間関係のためであれば、チームが達成できる成果の基準を下げてもよい」と判断するチームが、最高のアウトプットを出せないことは自明である
    ・落とし所を探る必要のない議論が、ヒエラルキーのないメンバー間で、コンフリクトを恐れずに行われ、議論の結果は、チームの使命という明確な判断基準によって方向付けられていいく」という、成果を出すための議論のルールの存在が、真摯で活発な議論を実現し、好業績を達成する最強チームを作り出す
    ・本来のチームリーダーとは、「チームの使命を達成するためであれば、必要なことはなんでもやる人」
    ・全員がリーダーであるチームが生産性が高い

    【コメント・感想】
    成果の単位をチームとし、チームメンバー全員にリーダーシップを求めることで、生産性をあげ、成果に導かせることができることを示した本。
    自身もどこにいてもリーダーシップ(オーナーシップ)を出すこと、また、チームメンバー全員にリーダーシップを求めていきたい。

全1件中 1 - 1件を表示

伊賀泰代の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする