年少版こどものとも 1998年7月号  かたつむりタクシー

  • 福音館書店
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・雑誌
  • / ISBN・EAN: 1103731070355

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ぼくはお父さんと「かたつむりタクシー」に乗って、おばあちゃんのうちまで行くことになりました。
    かたつむりタクシーは、町を抜け、山を登り、池の中をもぐって進みます。
    途中ジューススタンドでのどを潤し、公園を通り過ぎて・・・

    セリフは少なく小さな子から楽しめます。
    虫たちのおうちがドロップ缶や急須だったり、カレーの缶がレストランだったり。
    乗り物も、いもむしバスやとんぼ飛行機、かにの水上車・・・といろいろあって楽しかったです。

  • 男の子とお父さんがおばあちゃんの家へ行こうと、家を出るとちょうど雨が降ってきた。
    そこをかたつむりタクシーが通り掛かったので乗っていくことに。
    かたつむりタクシーは広場を抜け、小山を登って下り、トンネルを抜け、池の中を進み、ジューススタンドでジュースを飲んで、公園を抜けて無事おばあちゃんの家に着く。

    かたつむりタクシーかわいい。
    男の子でなくても楽しめる。

    空き缶の家や、ジューススタンド、池の中のレストラン…と楽しい風景がたくさん。
    小山から覗いている生き物も気になる。

    主人公たちがそもそも虫なのかも分らない不思議な生き物。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

たむらしげる 1949年、東京都生まれ。桑沢デザイン研究所修了。画文集に『水晶山脈』(中央出版アノニマスタジオ)、DVD作品に『銀河の魚』『クジラの跳躍』などがある。絵本は『ロボットのくにSOS』『おばけのコンサート』『ごろんご ゆきだるま』(いずれも福音館書店)、『ゆきだるまくん、どこいくの?』(偕成社)、『ポルカちゃんとまほうのほうき』(あかね書房)をはじめ、多くの作品がある。

たむらしげるの作品

ツイートする