世にも奇妙な人体実験の歴史 [Kindle]

制作 : 赤根洋子 
  • 文藝春秋
4.29
  • (3)
  • (3)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :18
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (145ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 訳者あとがきにある、どのページにも、いかにもイギリス的なユーモアがそこはかとなく漂っている。と述べられているが、それも納得な文章である。
    例えば「愛は過ぎ去るが、梅毒は留まる」という格言の正しさは、ハネムーンで梅毒を移されたビート夫人によって実証された。とか、一九九二年、エリツィン大統領(珍しく素面のとき)などとウィットに富んだ冗談めかした皮肉や社会風刺が散りばめられた文章と合わせて舌蜂鋭く語られる常識人からの目からしてみればイッちゃってるよこいつら未来に生きてんなという感想を思わず漏らさずに負えないそんな奴らの姿は狂気ともいえるが、ある種の崇高さを携えている。成し遂げる為の信念や自己犠牲ともいえる献身もあるが、そこには好奇心や探究心に囚われ、得るために身をもって捧げ、見えざる力に魅了されてしまった者の哀しさもある。
    その中でアメリカの放射線学者ジョージ ・ストーヴァーの死ぬ直前の「有用な事実が一つ明らかになるなら 、それと引き替えに数人の科学者が死んだり手足を失ったりすることなど大したことではない 」がこの本書での象徴的な言葉として残っている。
    貧困者、囚人、孤児、そして、名もなき者への敬意と尊重は私も贈りたい。高い確率で巻き込まれる助手たちには哀悼の意を捧げる。

  • 面白い。非常に面白い。
    マッドサイエンティスト達のおかげで現代文明はあるのだ。

  • ライトな書き口で読みやすかった。タイトルは世にも奇妙な人体実験だけども、マッドサイエンティストのお話というより、証明したい事や知りたいことのために自らの身を投じる研究者のお話。確かに色々と強烈なエピソードはあるけれど、病気の原因を探るために自分で人体実験するのをマッドと言っていいものか。例えば栄養の欠乏が、病原菌の感染が、病気の原因と分かったのも彼らの自己実験のおかげなのだ。栄養不足や不衛生が病気の原因になるなんて、いまや誰もが自明だとすら思ってるんじゃないかな。
    自らの身を賭けて未知に挑んだ人達の物語。ちょっと感動する。

    余談。機序はともかく柑橘類を取ることで脚気の予防ができることは知られていた。だけど、あんまりにも患者がでなくなったので、船長たちは高い柑橘類を買うのを止めるようになり、脚気の流行を招いたってエピソードがあった。これって最近流行ってる反ワクチンの活動を彷彿とさせる。歴史は繰り返すって感じ。

全3件中 1 - 3件を表示

世にも奇妙な人体実験の歴史のその他の作品

世にも奇妙な人体実験の歴史 単行本 世にも奇妙な人体実験の歴史 トレヴァー・ノートン

トレヴァー・ノートンの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

世にも奇妙な人体実験の歴史はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする