ドリフターズ(1) (ヤングキングコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 少年画報社
3.94
  • (27)
  • (26)
  • (17)
  • (6)
  • (1)
本棚登録 : 322
レビュー : 20
  • Amazon.co.jp ・電子書籍

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2020・5現在 6巻まで読了なり。歴史上の有名人オールスターで戦争しようぜいって感じの話。

  • 意外と面白かった。
    ノリは相変わらず。

  • 古今東西の英傑が集う。何かFGOのノリに近い。サムライあり特攻兵アリ将軍あり姫あり。皆わちゃわちゃしてて楽しい。あと、せりふ回しの上手さと、あとがきとカバー裏の絵のひどさも相変わらずのヒラコ―節でヘルシングを楽しんだファンなら間違いなく楽しめる。

  • 超おもしろい
    相変わらず絵が濃い
    相変わらずキャラが濃い
    相変わらず言い回しが独特
    先がどうなるか楽しみ

  • コレとからくりサーカスとスラムダンクだけ紙の本で持ってるわけだが本棚をKindle化しようと全巻まとめ買いした。
    そうか・・・表紙をはずしたとこのネタは未収録か・・・
    アレも楽しみだから残念だな。
    それはそうとせっかくまとめ買いしたので最初から再読を。
    いやあいいねえ。
    何度読んだかわからんが最高だねえ。
    シリアスとギャグのバランスがすごくよいが、それ以上にブッ飛びすぎてそんなことどうでもよくなるくらい。
    1巻の段階で菅野直とか他のヤツらももう出てきてたんだな。
    意外に早く勢揃いしてたわ。
    続けて2巻へ。

  • 3巻まで読んだ
    歴史の色々な人物が全然関係ない世界に飛ばされて、よくわからない戦争に巻き込まれる
    主人公は島津豊久で、サブに信長と与一がいて、他にもローマの偉人とか、ヒトラーとか、土方とか、時間軸もバラバラの人たちがいっぱい出てきて、二手に分かれて戦争を始めようとしている
    絵がちょっとごちゃついてて、わかりずらいところがある

  • 面白くならない訳が無いやつ。もはやずるい。

  • 【首狩られるか、焼き討ちか、射殺されるか…etc】
    2人以上にオススメされたら読むしかないでしょう!と電子版でファーストコンタクト。
    ガッチャガッチャが楽しい作品。
    ここまでテンポが軽いと、ドリフを知っている世代としてはタイトルがギャグにも見えてくる不思議。住み分けが2つあって、どう絡んでいくかはおいおいな準備巻。効果音の描写が斬新です。
    火って、なんでこんなに人を魅了するんだろうな…。尾張と土佐の血が騒ぎます。

  • なんだこれめちゃくちゃ面白いじゃないですか・・・!
    スーパー史人大戦α。
    HELLSING読んだあとその流れで買わなかったのが謎だ。
    ってことで4巻までまとめて買いました。

  • うそ…カバー下の恒例の悪ふざけが無かった…。あれ込みでヒラコーの漫画やろうが‼︎これはマイナスですね。何で入れないんですかね?残念。
    内容はやはり最高という他ない。どうしょうもなく血湧き肉躍り、居ても立っても居られないエキサイティングな最高峰の漫画だよ。サイコー。
    それとエルフの言語が読みやすくなっていて所々平仮名を崩したものだと分かった。何かしらの法則性があるのか?濁点や三点リーダーがおっぱいに見えるがその認識で良いかな?違うとは思うが。早く4巻出んかな。待ち遠しい…

全20件中 1 - 10件を表示

平野耕太の作品

ドリフターズ(1) (ヤングキングコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする
×