高嶺の花子さん

アーティスト : back number 
制作 : back number  back number  清水依与吏  蔦谷好位置 
  • ユニバーサル シグマ (2013年6月25日発売)
4.00
  • (2)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :19
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・音楽
  • / ISBN・EAN: 4988005769701

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • すごい妄恋(* ̄∇ ̄*)
    たぶんこの曲の主人公のことを「高嶺の花子さん」は名前も覚えちゃいないだろう。
    そんな‘友達以前’からの妄想恋愛を自虐的に歌った名曲。
    歌詞のストーリー展開があるあるだけど面白くて思わずそれでそれで?と聴いてしまう。メロディも声も癖になるし。

    まだ何もはじまってないんだからもうちょっとがんばれ。
    と、主人公に言いたくなった(^-^)/

    • 夜型読書人さん
      5552さん、こんばんは。
      おお、今回はバックナンバーですか。しかも高嶺の花に憧れる男子の話!
      美輪明宏さんによると男はもともと弱っちくて女は強くたくましいのが事実。だから男性は雄々しい姿を理想とし、女性はおしとやかさをよしとされるとのことでした。
      検索かけて歌詞を読みましたが、男の女々しさ全開ですね…!
      同じような趣の歌詞に「DanDan 心魅かれてく」という歌がありましたが、そちらはロマンチックな妄恋でした…笑
      2018/01/08
    • 5552さん
      読書猫さん、こんばんは。

      この曲の主人公は本当に動いてないんですよねー。思わずエールを送りたくなりました(^^)

      『DanDan心惹かれていく』は調べてみたら、ZARDとFIERD OF VEIWが歌ってるんですね。しかも『ドラゴンボールGT』の主題歌!懐かしい!
      これも片恋、妄恋ものですね。
      しかしZARDの坂井さん、声も姿もお美しい!
      亡くなったのは残念でしたが、今もこうやって歌は色褪せないのがすごいです。

      コメントありがとうございました♪
      2018/01/08
  • 2014.2.23.

  • back numberらしい片思いの気持ちをちょっと卑屈になって書かれた歌詞は
    意外と男心の的を得ています。
    相変わらずクセになる曲を作るなぁ~

全3件中 1 - 3件を表示

高嶺の花子さんのその他の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする