猫のゆりかご [Kindle]

  • 早川書房
4.00
  • (2)
  • (3)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 42
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (95ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • にわかに盛り上がるカート・ヴォネガット・ジュニア熱の一環で読んだ本。常温で凝固する水、アイス・ナインと、その発明者一族をめぐる物語。
    往路の飛行機でスローターハウス5を読んだアイルランド旅行の、帰りの飛行で読了。

  • 「猫のゆりかご」とは、あやとりのこと。
    日本にもよくあるあやとり。

    神の「あやとり」の下で弄ばれる人間たちの悲劇を、面白おかしく書いてます。

    宗教で争うことの愚かしさを強烈に書いてます。
    そして、「ヒロシマ・ナガサキ」への原爆のこだわりを
    持ち続けてくれたのもヴォネガットならでは。
    (日本人でも忘れかけていることなのに!)
    人間の発明品が人をどこまで破滅に導くのか、その愚かさも、
    面白おかしく書いてます。

    いやー、強烈なこと伝えたいことを
    「面白おかしく」書ける才能というのも
    あるんだな、とつくづく思います(^^)

  • ヴォネガットの怪作、電子書籍に!

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1922-2007年。インディアナ州インディアナポリス生まれ。現代アメリカ文学を代表する作家。代表作に『タイタンの妖女』『母なる夜』『猫のゆりかご』『スローターハウス5』『チャンピオンたちの朝食』他。

「2018年 『人みな眠りて』 で使われていた紹介文から引用しています。」

猫のゆりかごのその他の作品

猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353) 文庫 猫のゆりかご (ハヤカワ文庫 SF 353) カート・ヴォネガット

カート・ヴォネガットの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
ジョージ・オーウ...
カート ヴォネガ...
カート・ヴォネガ...
ベルンハルト シ...
ジェイムズ・P・...
ロバート A ハ...
テッド チャン
アーサー C ク...
ジェイムズ・P・...
レイ・ブラッドベ...
太宰 治
カート ヴォネガ...
ウンベルト エー...
三島 由紀夫
レイ・ブラッドベ...
有効な右矢印 無効な右矢印

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする