破獄(新潮文庫) [Kindle]

著者 :
  • 新潮社
3.67
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :17
  • レビュー :3
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (238ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 逮捕と破獄のループで途中から飽きてきたが、最後に温かい扱いを受けてハッピーエンドで終われたのは良かった。

    刑務所での囚人への丁寧な扱いや、看守よりも恵まれた食事環境など、史実にどれだけ基づくのかは分からないが勉強になった。また、戦時中の厳しい環境下での佐久間への人のかけ方は驚きだった。いっそのこと殺してしまえば皆ハッピーだと思うのだが、戦時中でも刑務所は民主的だったのか。特攻警察なども存在する時代にも関わらず、少し疑問の残るところである。

  • 戦時中から戦後にかけて、4度の脱獄を成し遂げた無期懲役囚。彼はなぜ脱獄を繰り返し、そしてやめたのか。当時の日本の刑務所の実態が描かれます。

  • 感嘆。

全3件中 1 - 3件を表示

破獄(新潮文庫)のその他の作品

破獄 (新潮文庫) 文庫 破獄 (新潮文庫) 吉村昭
破獄 単行本 破獄 吉村昭

吉村昭の作品

破獄(新潮文庫)はこんな電子書籍です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする