僕だけがいない街(1) (角川コミックス・エース) [Kindle]

著者 :
  • KADOKAWA / 角川書店
3.98
  • (50)
  • (64)
  • (44)
  • (2)
  • (2)
本棚登録 : 483
レビュー : 45
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (1ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 4巻まで読了

    びっくりするくらい面白い
    小説でも十分に楽しめる
    早く続きが読みたい

  • 4巻まで読んだ。続きが気になる・・

  • 最初は、くどい長台詞になんなんだろと思ったが、そのうち慣れた。やっぱストーリーの面白さが大事ですな。

    タイムトラベルものってのも、ひとつの「型」としてあるんだなと。

  • 蜀崎ェュ縲よー励′莉倥¥縺ィ莠倶サカ隗」豎コ縺ョ邉ク蜿」繧偵▽縺九?逶エ蜑阪∪縺ァ譎る俣繧偵&縺九?縺シ縺」縺ヲ縺励∪縺??ヲ縲ゅ◎繧薙↑閭ス蜉帙r謖√▽荳サ莠コ蜈ャ縺後?√□繧薙□繧薙→閾ェ蛻??蟷シ縺?%繧阪?險俶?繧呈侍繧願オキ縺薙@縺ヲ縺?▲縺ヲ窶ヲ縲

  • -

  • ちょっと説明っぽいけど、丁寧さと受け取れるし、絵も綺麗ですごく読みやすい。
    「バタフライ・エフェクト」にインスパイアされている感が強いけど、どういう風に膨らませていくのか楽しみだ。

  • Kindle期間限定無料版で。アニメ鑑賞済み。
    アニメで真犯人を知っていても、スリル感が凄かった。
    母親が死ぬとき、息子の悟との色々な思い出の走馬灯が悲しかった。
    アニメと作画は違うが、ドキドキする。
    サスペンス感があった。

  • 全部一気に読みました。
    最近漫画読んでなかったけど、今まで読んだ漫画で5本の指に入るくらい面白かった!
    終わり方もとても良かった。

  • 映画はまだ観てないが、アニメは観た。なのでストーリーはなんとなく知ってるし、犯人も知ってるのに、読み出したら止まらない。子供たちを守ろうとして大人たちがとった行動が、結局子供たちを苦しめて、危険にさらしていく。親なら自分の子供を絶対守りたいが、傷つくことを避けて行かせるのが、守ることにはならないということに、気がつかされる。う~ん難しい…アイリちゃんが出てくるとホッとする。

  • ゲーム感覚で進む作品。ハラハラドキドキしっぱなしでした。そして、巻を読み終えると次の巻を読まざるを得なくなるハマり度。

全45件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

北海道出身、千葉県在住。第40回「手塚賞」佳作。第41回「手塚賞」準入選。1995年「アフタヌーン四季賞 春のコンテスト」準入選。『僕だけがいない街』がベストセラーとなり、TVアニメ化、実写映画化。現在、『夢で見たあの子のために』を連載中。ほかの著書に『カミヤドリ』、『鬼燈の島』、『魍魎のゆりかご』など。

「2018年 『僕だけがいない街 Another Record』 で使われていた紹介文から引用しています。」

僕だけがいない街(1) (角川コミックス・エース)のその他の作品

三部けいの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
羽海野 チカ
有効な右矢印 無効な右矢印

僕だけがいない街(1) (角川コミックス・エース)に関連するまとめ

外部サイトの商品情報・レビュー

僕だけがいない街(1) (角川コミックス・エース)を本棚に登録しているひと

ツイートする