私の名前は高城 剛。住所不定、職業不明。 [Kindle]

著者 :
  • マガジンハウス
3.66
  • (6)
  • (13)
  • (15)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 83
レビュー : 13
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (85ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ホーチミンのカフェで『私の名前は高城 剛。住所不定、職業不明。』を読んだ。モノを持たず、移動を軸に仕事・生活し続けることになった経緯。高城さん自身の仕事の大きな節目ごとに区切り、一問一答形式で作られた本。最近の僕の暮らし方とも近く、参考になった。

  • 2017年現代でこそ当たり前のことですが、当時は如何に先進的な考え方がこの本に載っていました。

  • おもしろい。

    一問一答形式でひたすら問に答えていく著者。
    完成まで2年を要したこの本を作る中で、著者の中で深い深い対話が行われたのだろう。
    ことの真偽は未来でしかわからないが、ここまで向き合って出た答えに邁進する姿は清々しい。

    所々は自分への問いかけにも使えそうだ。

  • ユニークな視点と著者の哲学を感じる一冊。Q&Aを自分に置き換えてみると、面白い発見があるかもしれません。オススメ。

  • 僕はエリカ様の元(?)旦那としか知らなかったけど、実は相当なマルチタレントなんですね。映像、音楽、著作とかいろいろやってますが、ノマド的な生き方は面白いです。その割には案外古風で「失敗したら日本に戻りゃいいじゃない、それが母国ってことなんだから」とか言ってておかしい。「いかに働かないか、に一番頭を使ってる」とかは国際的(皮肉じゃないです)。(特に未来予測に関する)ウエメセが鼻につくけど、それなりに楽しめました。好き嫌いがはっきり分かれる一冊。

  • たまに何言ってるかわからんけど、概ね納得。著者の生き方に魅かれます。
    報道のされ方故か、世間には事実と異なる印象をもたれてる人のように思います。短パン履いてチャラチャラしてる○○の元旦那的なイメージを持たれてるなら是非一読して欲しい一冊です。

  • この人本当にすっごく魅力あるな。

    エリカ様の件で初めて認知したけど、すごい人。

  • だから、サーチエンジンを使う前に、どれくらい自分と向き合って、どれくらい創造できたか、が勝負なのです。自分と話すことは、実は本当に大変なことです。

  • 活躍が多岐に渡るため世間に誤解を受けている印象の著者。Q&A形式に世界、日本が抱える問題から現代社会を楽しむ方法を提案。情報量の多さと視野の広さは凄い。

  • 高城剛著。

    なんやこの題名ってことで全然読む気なかったんですが、メルマガ購読してて、自分の目で見たことを自分の言葉で語ってるのって素敵だなと思って購読。

    どんな問題も回答は自分の中にあるから、自分と会話する時間、機会を作るといいとのこと。週1ぐらいでブログでも書こうかしら。

    素敵な人だと思います。

全13件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

高城 剛(たかしろ つよし)
1964年東京都葛飾区柴又生まれ。
日本大学芸術学部在学中に、「東京国際ビデオビエンナーレ」グランプリ受賞後、メディアを超えて横断的に活動。自身も数多くのメディアに登場し、NIKE、NTT、パナソニック、ソニー・プレイステーション、ヴァージン・アトランティックなどの広告に出演。総務省情報通信審議会専門委員など公職歴任。2008年より、拠点を欧州へ移し活動。現在、コミュニケーション戦略と次世代テクノロジーを専門に、創造産業全般にわたって活躍。著書に『世界はすでに破綻しているのか?』『空飛ぶロボットは黒猫の夢を見るか?』『カジノとIR。日本の未来を決めるのはどっちだっ!?』(集英社)、『ヤバいぜっ! デジタル日本』『オーガニック革命』(集英社新書)、『2035年の世界』(PHP研究所)、『人生を変える南の島々』『LIFE PACKING2.1 未来を生きるためのモノと知恵』(パブラボ)などがある。

「2017年 『不老超寿』 で使われていた紹介文から引用しています。」

私の名前は高城 剛。住所不定、職業不明。のその他の作品

私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明 単行本(ソフトカバー) 私の名前は、高城剛。住所不定、職業不明 高城剛

高城剛の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする