すーちゃん まいちゃん さわ子さん [Blu-ray]

監督 : 御法川修 
出演 : 柴咲コウ  真木よう子  寺島しのぶ 
  • ポニーキャニオン (2013年8月21日発売)
3.29
  • (1)
  • (4)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
  • 本棚登録 :30
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988013423268

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013.5.18 川越スカラ座さんで。
    予告編 http://youtu.be/SLuB1mfCXsM

    すーちゃん、まいちゃん、さわ子さんはかつて同じアルバイトをしていて今も友情は続いている。
    すーちゃんはカフェ勤務、まいちゃんはメーカーでバリバリと仕事をこなし、さわ子さんは母と祖母の介護をしながらWEBデザインの仕事をしている。
    3人の生活の小さな幸せ。

    4コマ漫画の原作で使われているだろう言葉がイイのが多くてニッコリしたり。
    3人の心の声がとてもリアルなのも良かったです。
    出てくる男性陣が皆ダメダメすぎてちょっと寂しいw

    友達が集まって親交深めるのが、お洒落な店での外食ではなく
    ピクニック+お弁当だったり、鍋+家のみだったりするのが今っぽい。
    鍋にレモンの輪切りは今度試してみよう♪

  • 2017、1

  • まあ、普通の映画かな。

  • 原作とは違ってよりドラマティックにそして3人の関係性が濃密に描かれていて好きです、

    誰かにいえるほど深い悩みは無いけれどこのままじゃなんだかいけない気がする。

    清く正しくやさしい気持ちで生きたいだけなんだけど・・
    日々の日常の中で人にいえないような不安や不満が小さく積もってゆく。

    仕事もあるし友達もいるけどなんだか寂しいすーちゃん。
    穏やかな人生との代償に今戦ってきた自分を捨てきれないまいちゃん。
    何も変わらない日々を享受しようとするさわこさん。


    何でも自分で決めていかなきゃ行けないけれど、ふと捨てた方の人生がどんなだったか考えてしまったりして。


    30代女性なら、きっと3人のうちのどこかのエピソードに共感できるかもしれない。

    立ち止まってしまった夜に自転車で泣きながら大声で叫ぶすーちゃんとまいちゃん。

    大事な人ができても、好きな人がいても女には必ずこんな風に何も言わなくても一緒に泣いてくれるような友達が必要だと思う。
    こんなくしゃくしゃした思いは同性同士じゃなきとわからない。

    乗り越えてすーちゃんが出会った答え。
    「悩んだりするけど遠い未来の為に今を悩みすぎることはない。」

    そうだよね。

    女の30代はいろいろな分かれ道に遭遇する。
    でもどっちの道に行ったって迷い苦しみ、時に後悔することもあるのだ。

    なんかすーちゃんの言葉に救われた。

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

すーちゃん まいちゃん さわ子さん [Blu-ray]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする