マリーゴールド・ホテルで会いましょう [DVD]

監督 : ジョン・マッデン 
出演 : ジュディ・デンチ  ビル・ナイ  トム・ウィルキンソン  マギー・スミス  デヴ・パテル 
  • 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2013年8月2日発売)
3.70
  • (23)
  • (56)
  • (52)
  • (3)
  • (2)
  • 本棚登録 :284
  • レビュー :46
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4988142959027

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • BSプレミアム録画>ビル・ナイがとにかく可愛い♪彼のジョークには思わずwww
    英国だけにゲイは付き物?T.ウィルキンソンがゲイってのは何だか……。
    でもまぁ何となく良いお話だった。
    ホテル経営してるインド人の行動がウザくてあんまり理解できない。ウダウダ言ってないで仕事しろ!!って感じ。
    ダウントン・アビーの英国マダムコンビが出てて(゚д゚)!ちょっと嬉しい♪
    ジュディ・デンチは良い役やねw

  • 夫の死をきっかけに、夫婦で老後を過ごすために、まだまだ「イケる」自分を証明するために、はたまた安く早く手術を受けるために…さまざまな理由でイギリスの熟年たちがインドの自称リゾート長期滞在ホテル「マリーゴールドホテル」に集う。
    しかしそのホテルの実情はとんでもないボロ宿で…。

    インドというのは、おそらく東洋の人間である私たちにとっても、西洋の人間である欧米人たちにとっても、等しくエキゾチックさと不可思議さを感じられる数少ない国の一つだと思う。
    その意味では、イギリス人たちが主人公でありながら、日本人である私たちも同じような感覚で映画を観ることができる。とはいえ、インドはもともとイギリスの植民地だったのでイギリス人たちの方がインドに対する心のハードルは低いかもしれないけれど。

    インドって、つくづく「合う人にはとことん合うし、合わない人には絶対合わない」国なのね…と思ったが、よくよく考えてみれば、おそらくインドだろうとどこだろうと、新しい環境にすぐに馴染める人もいれば、そうでない人もいる。そんな事実を、インドという特殊に見える国だからこそサラっと描けるのだろう。

    キャストは英国の大御所俳優女優をそろえていて、あてがきキャストかと思いきやジュディ・デンチが可憐な一面をのぞかせたり、ビル・ナイが真面目だったりと意外なキャラ造形になっていたのも面白かった。

  • レンタル・配信)2018/2 2本目(通算7本目)。人生のセカンドライフをインドのマリーゴールドホテルで過ごす男女と支配人の男性の話。人生には色々あるけれど、躊躇するならまず行動というのはどの年代になっても変わらないのだなと作品を見て思った。後、インドという国は人口も多いせいかかっきがあるなという印象。感想はこんなところです。

  • チャレンジすることはとても大切だ。
    年老いたからといって、年寄りらしく振る舞う必要もないし、チャレンジする権利がある。
    幸せは、待っていてもやってこない。
    自分で呼び寄せるもの。
    素敵なお話だった。

  • 「プレミアムシネマ」にて。冒頭で、ジュディ・デンチ、トム・ウィルキンソン、ビル・ナイ、マギー・スミスといった英国の名優が次々登場してびっくり。豪華なんですけど、新鮮味がないのも否めない…。

    インドの地方都市を舞台にして、土地になじめる人となじめない人、目的のある人とない人、それぞれの生活と決断が描かれるわけですが、「人はいくつになっても変わることができる」という老優たちによるメッセージは感動的です。

  • インドのホテルで余生を送ろうと、それぞれが想いを抱いて集まった。

    一癖もある老人たちで、インドなんて!と言っていたおばあちゃんが変わっていく姿は良かった。

    インド嫌いな妻ときた旦那さんは、最後まで奥さんと共にいようとしていたが、荷物か旦那か、の選択になった際にあっさり捨て行く奥さんが潔くて笑ったしまう。
    勿論それにいたるまでの想いはあるのだろうけど。

    ゆったりと見られて良い映画だった。

  • 老人達の人生が、インドのホテルで変化していくみたいな話だと思ってました。確かにその通りなんだけど、思ったより切なめ。
    中でもグレアムのエピソードがめちゃくちゃ泣けました。二人の想い出の湖畔が綺麗過ぎて涙が止まらなかった。
    続編も見たいです。

  • HUMICでの請求記号「DVD14/0028/楽楽 : 最上級/(124分)」

  • マクゴナガル先生の大ファンです!彼女の…いや僕が彼女なんて言うのは失礼だ。今年で81歳となるマギー・スミスの圧倒的な存在感はいまだ衰え知らずに感じる。出演者そうそうたる顔ぶれがそろっているが、やはり最後の落としどころは彼女なのではないのだろうかが当初に浮かんだ。

    「マリーゴールド・ホテルで会いましょう」
    https://www.youtube.com/watch?v=nQuYj34YITg

    インドを舞台にしたイギリス映画。ラブアクチュアリーなようなオムニバス的な作品なのだが、この作品は終始出演者全てが絡み合っているので、よく見るオムニバス作品とは違い慌ただしくない。ジュディ・デンチ主演で名優が揃ったこの作品の中で一人追いついていくのに必死なのが、デーヴ・パテール。観たことあるなぁ~と思った方は「スラムドッグ$ミリオネア」の記憶だと思います。

    どこか癒される作品なのですが、このキャストでインド映画であったならもっとインドの良さが出ていたのではないでしょうか?ただ、資金がね…最近お気に入りのインド映画と比べると大国イギリスの作品が少し物足りなく感じる。

    観終わった時には続編を期待したのですが、やはりドラマは続く!今年はこの作品にやはり超の付く俳優を加えてのパート2!

  • レンタル

    老人男女7人がインドのマリーゴールドホテルへやってくるが、そこは豪華リゾートホテルではなくボロボロのホテルだった!
    わりと真面目なそれぞれの人生の物語。

    インドの街や、人々、エネルギーに溢れた国と老人たち。

全46件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

外部サイトの商品情報・レビュー

マリーゴールド・ホテルで会いましょう [DVD]を本棚に登録しているひと

ツイートする