マレーナ [DVD]

監督 : ジュゼッペ・トルナトーレ 
出演 : モニカ・ベルッチ  ジュゼッペ・スルファーロ 
  • ワーナー・ホーム・ビデオ (2013年8月7日発売)
3.50
  • (2)
  • (6)
  • (7)
  • (0)
  • (1)
  • 本棚登録 :39
  • レビュー :4
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4548967000771

マレーナ [DVD]の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • その美しさ故に戦争の時代に翻弄された一人の未亡人と、その未亡人に魅せられた多感な一人の少年の話。

  • モニカ・ベルッチさん主演のイタリア映画です。
    あまりにも美し過ぎて、男性からは人格を無視してエッチな目線でばかり見られ、オバさんたちには人格を無視してムダに敵対されてしまう哀しい女性の物語でした。

    これ、モニカさんだから成功したんだと思う。
    思春期に入ったばかりのよくよく考えたらストーカーちっくで行動力のある少年の目線で描かれていたけれど、かなりダークなお話でした。

    最後までベタ過ぎず、おどろおどろし過ぎずにキレイに見えたのは、モニカさんの圧倒的な美しさがあってこそ。
    このビジュアルなら仕方がないよ…って、彼女の不運をどこかで諦めちゃいたくなるくらい美しかったもんね!

    マレーナさんが魅力のない街のオバさんたちにさんざんに打ち据えられるシーンでは、ヨハネによる福音書の「罪を犯したことがないものから石を投げよ」ってことばを思い出したよ。
    ※正確にはちょっと違うことばだけどね。

    大人検閲にかかるようなシーンも多かったし、主人公の少年(12歳)と同い年の男の子たちは『マレーナ』じゃなくて『ガンバの大冒険』を見とけって話かもしれないけれど、自分より優れた人へのやっかみとか、ひがみとか、人間の本能や心の闇をうまく表現した作品だな…と思いました。

  • 思春期の頃、いやらしいから男の子が嫌いだった。
    僻みっぽいから女の集団も嫌いだった。
    あの頃の嫌なものをまざまざと思い出させる映画。
    好きとか嫌いとか良い悪いじゃなくて、
    もうしばらくは観たくない。

  • 1940年のシチリア

全4件中 1 - 4件を表示

マレーナ [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする