ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション [Blu-ray]

監督 : キャスリン・ビグロー 
出演 : ジェシカ・チャステイン  ジェイソン・クラーク  ジョエル・エドガートン  ジェニファー・イーリー  マーク・ストロング 
  • Happinet(SB)(D) (2013年9月3日発売)
3.60
  • (4)
  • (31)
  • (14)
  • (6)
  • (0)
  • 本棚登録 :108
  • レビュー :18
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953043428

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • リアリティがあった。
    事実はどうであれ、懸命になった人が居ることに驚いた。当たり前なのにね。

  • シールズがカッコ良すぎて悶えた。

  • やっぱり映像のリアルさが良いですね。映像に引き込まれます。ストーリーも楽しめました。

  • CIAがビン・ラディンの行方を探し出し、殺害するまでを描いている。
    拷問や、隠れ家への突入など、派手になりがちなシーンも淡々と描いているので、リアルに感じた。だから目をそむけてしまうシーンもあった。
    これがどこまで真実かは分からないけど、それはおいといて、主人公の執念に引き込まれた。

  • (2012年作品)

  • レンタル

  • 2012年。製作国アメリカ。監督キャスリン・ビグロー。脚本マーク・ポール。出演ジェシカ・チャステイン。

    2011年のCIAによるオサマ・ビン・ラディン暗殺と、それに至る過程を描いた作品。このニュースを聴いた際には「まだ生きてたのか」という平凡な感想を抱いたものでした。2時間半とやや長めであまり派手な場面のない映画だったけれど、飽きずに鑑賞できた。

    事実をそのまま切り取るような手法で説教くさい場面はない。一応ビンラディン暗殺の大義をマヤが力説する場面はあるが、ラストの質問(あれはドミネクオバディスだよね)で相殺されている。

  • 誰もが結末を知ってるあの事件。

    ハート・ロッカーもそうだったけど、これもリアリティ溢れる一作。

  • 途中で気付いて、Wikipediaを斜め読みしたところ、どういう背景なのかがとても掴みやすくなった。作中にも出てくる「藁山の中の針を探す作業」を仲間の犠牲を出してまで達成するまでの物語。終盤の作戦行動のあたりは目が離せない。

    ここで描かれていることは事実とは異なる点も多々あるだろうけれど、極力一面的でなく見せる視点が取られているように感じた。ただ、やはり特殊部隊を派遣して要人を暗殺してしまう行為には非難が集まるのもやむを得ないだろうし、わかっててやってるんだろう。

  • そんなに気乗りしないまま観て、気乗りしないまま終わってしまいました。ワタシの心構えがまったくなっていなかったのが悪い、もっと集中して観れば良かったのかもしれない。

    2001年の9.11後から2011年のビンラディンの暗殺まで、およそ10年間を3時間弱でみせるというのは、やっぱりちょっと無理があったのでは。見せるべきところ(ラストの暗殺作戦)にしっかりと時間を割いて、それ以外の進展がない部分を思い切りよくすっ飛ばすというところはとてもよかったと思うんだけれど、作品全体としてどれくらいの時間が流れているのか、あんまりしっくり来ませんでした。中盤にビンラディンの隠れ家とおぼしきところを発見したあと、作戦を実行するまで、あまりにも動きがなかったからなあ。

全18件中 1 - 10件を表示

ゼロ・ダーク・サーティ コレクターズ・エディション [Blu-ray]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする