ビブリア古書堂の事件手帖(2) (アフタヌーンコミックス) [Kindle]

著者 :
  • 講談社
3.75
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (162ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 安楽椅子探偵なんだろうね。栞子さんの洞察力はすごいというか、さすがというか。あれなんだが。小説読んでも、漫画で読んでも。栞子さんに人間的な魅力を感じられないのはなぜだらう。は、さておき。「生きている者は誰でも業が深い。という意味にわたしは解釈しています」見返しにかかれた太宰治の言葉の解釈は、人それぞれではある。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1971年、神奈川県横浜市生まれ。 武蔵大学人文学部社会学科卒業。中古レコード店、古書店勤務を経て、『ダーク・バイオレッツ』で2002年デビュー。2011年に発表した古書ミステリー『ビブリア古書堂の事件手帖』が人気作になる。同作は2012年に本屋大賞にノミネート。2012年、「足塚不二雄『UTOPIA 最後の世界大戦』(鶴書房)」(『ビブリア古書堂の事件手帖2』に収録)で第65回(平成24年度)日本推理作家協会賞短編部門にノミネート。2014年3月14日、『ビブリア古書堂の事件手帖4』(メディアワークス文庫)で第67回(平成26年度)日本推理作家協会賞長編および連作短編集部門にノミネート。

ビブリア古書堂の事件手帖(2) (アフタヌーンコミックス)のその他の作品

三上延の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ビブリア古書堂の事件手帖(2) (アフタヌーンコミックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする