クロユリ団地 スタンダード・エディション [DVD]

監督 : 中田秀夫 
出演 : 前田敦子  成宮寛貴  勝村政信  田中泰生  高橋昌也 
  • Happinet(SB)(D) (2013年10月4日発売)
2.05
  • (0)
  • (1)
  • (28)
  • (51)
  • (25)
  • 本棚登録 :183
  • レビュー :45
  • Amazon.co.jp ・映画
  • / ISBN・EAN: 4907953032941

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 全然怖くない。
    成宮君が可哀想すぎる。

  • よくよく
    ストーリーを追ってみたら、
    ホラーの源は
    『怨念』であり、
    『怨念』の源は

    孤独、とか哀しみ、とか、
    寂しさとか、無念とか

    手を差し伸べてくれる誰かひとり、がいさえすれば
    ホラー、は生まれないものなのかも?なんて考えてしまった。

    成宮君の出現は、あっちゃんにとっての救いだったけれど
    (彼)にとっては、大切な友達を奪っていこうとする
    ただの邪魔者にすぎなかった。

    人は誰かに救ってもらいたいものなんだなぁ。
    誰か、
    成宮君を救ってあげてよう~と思った。

  •  引っ越した団地はいわくつきの場所だった。

     家族の秘密が隠されている序盤やラストの扉を開けていけない展開など部分部分では面白いのだが、なぜか全体的には面白くない。日常であったはずの古い団地が怖いという発想はよかったのだが。。。
     なんか内容が薄い気がする。例えば同じバッドエンド系のホラー映画として「ダーク・フェアリー」なんかと比較すると圧倒的な差がある。
     あと、この映画は大きな音を出しとくことに頼りすぎ。家で見てると普通のシーンで音量を上げて、怖いシーンで音量を下げなきゃいけないので萎える。

  • 劇場で。

    前田敦子の演技は思ってたより良かった。とくに狂ったシーンはなかなか。

    とりあえず成宮くん可哀相すぎるよね
    観たあともそればっかり考えてた

  • ドラマは見てなかったから
    話しとしては退屈しなかった。

    でも、怖くはないな(^_^;)

  • CMで受けた印象はなかなか怖かったのですが、フタを空けてみれば怖くなかったです。箇所箇所にいいな!と思えるシーンはあるので、何だかおしいなと思います。そして、意外と悪魔祓いな話でした。

  • 途中で寝落ちしてしまって、再チャレンジ。古い団地の気味悪さ。実は家族との生活が幻想…というのは素直にびっくり。しかし全体通してあまり怖くない。

    手塚理美は配役ミスなのでは?彼女が呪文を唱えてるシーンではなんだか違和感だらけでおかしくて笑ってしまった。成宮君が何故主人公の為にそこまでするのか映画を見るだけでは理解できない。

  • しょ、しょーもな~。腰砕け~。
    Jホラーに一時期毒されていた身としては中田秀夫といえばぐっとくる名前だし、タマフルを聞いていれば三宅隆太にも馴染みがある。
    そんなに期待せずに見たが、その低めのハードルをさらに下回るものでがっかり。
    「デビルマン」のように笑うこともできない。

    どうしてこんなに美意識のない絵柄や演技指導ができるのだろうか。
    輪郭が変な人と輪郭の中が変な人に金が行き過ぎたのか。

  • 中田秀夫監督の団地系のホラー作品です。とっかかりは悪くなかった気がするのですがドラマ版ありきな面もうっすら見えたのが少し鼻につきました。画面の暗さや脅威の出し方は雰囲気があった気がします。

  • いやぁ、面白くなかったなぁ。

    演技力の問題も多分にあるが、
    ジャパニーズホラーのよさがいまいち感じられない。

全45件中 1 - 10件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

クロユリ団地 スタンダード・エディション [DVD]はこんな映画です

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする