空と原 (EDGE COMIX) [Kindle]

  • 茜新社
4.42
  • (8)
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 31
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・電子書籍 (271ページ)

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 永遠の当て馬、などと帯でからかわれる原先生。
    しかしその気質や善良で不器用で適当で、でもやさしい。他人を押しのけたりすることが出来ないから、何だかんだで当て馬になってしまったりする彼に、幸せになって欲しくてやきもきしていた人は多いと思われる。
    斯く言う自分もそのひとりで、だからこそ、ソラノくんの最後の叫びは、嬉しく、優しく、感謝したくなるようなそれだった。
    ありがとう、ソラノくん!だ。
    不器用なハラセンの、その優しさ、損気質をわかってくれる人がいて、本当によかった。

    けれど、同級生の彼らも、空と原の彼らも、製菓志望の彼とあの彼も、皆「幸せになりました、おしまい」ではない。
    皆、みんな、続いていく。
    幸せな結末への一本道ではなくて、時には気まずい、胸の冷えるような思いをしながら。昔を懐かしみながら、後悔しながら。
    それをすごく象徴している作品だったと思う。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

中村 明日美子(なかむら あすみこ、1979年1月5日 - )は、日本の漫画家。神奈川県出身。女性。血液型O型。
小学1年生から漫画を執筆しており、2000年の大学時代に『月刊マンガF』(太田出版)の第3回エロティクスマンガ賞で佳作を受賞。同年10月、受賞作「コーヒー砂糖いり恋する窓辺」(単行本『鶏肉倶楽部』(2002年)収録)を同誌で発表しデビュー。その後も『月刊メロディ』(白泉社)、『月刊flowers』(小学館)への投稿を継続し、両誌でデビュー。『マンガ・エロティクスF』以外では、ボーイズラブ、少女漫画、挿絵などを多数の雑誌で発表している。

空と原 (EDGE COMIX)のその他の作品

空と原 (EDGE COMIX) コミック 空と原 (EDGE COMIX) 中村明日美子

中村明日美子の作品

外部サイトの商品情報・レビュー

ツイートする